HAPPY BIRTHDAY TO ME 2019

明日は誕生日、なんと40年振りに昨日から風邪を引き、フーフ〜言ってます。

今日までのDESTINY CARDは9の♠️

The Nine of Spades can be a card of loss and disappointment. However, the true nature of the card reveals that its presence in your life for any period of time does not have to be a disaster. In actuality, the Nine of Spades represents making a completion of some importance. Whether this is the end of a certain occupation, way of life, or way of being with your health and body will depend upon the position of the card and the circumstances in your life at the time. But rest assured that some important aspect of your life is coming to an end when this potent card shows up.

This is also one of the death cards and indeed, when this card shows up there will be a death in your life of some kind. We go through many mini-deaths in the course of our lifetime and just like the snake shedding its skin, arrive at a new and better place each time we do so. Therefore the Nine of Spades is not a card to be feared but instead a card to be welcomed. It always has the ability to clear away all the unwanted and useless debris in our life and put us back on a new course where we are much more enlivened and satisfied.

This is a Long Range Card which is considered to be one of the most important influences of the year – a place where a lot of your attention will go.

確かにそんな年だった。明日からは4の♣️

The Four of Clubs is the card of mental satisfaction and stability. Whenever this card appears, you can bet that you will experience some mental peace for a while. Any sort of mental occupation you may be involved in will benefit from this stabilizing and practical influence.

This is a good time to make plans for the future since you are thinking clearer than ever. This card brings organizational ability and the ability to achieve a solid foundation of knowledge about a particular subject. Just watch out for a tendency towards fixed mental attitudes that might alienate you from others.

This is a Long Range Card which is considered to be one of the most important influences of the year – a place where a lot of your attention will go.

All text and this widget Copyright 2018 by Robert Lee Camp

風邪引いておかゆを食べて大人しくねてるのも良いな〜と思います。珍しいから家族も大事にしてくれるし

初雪

新潟市内で初雪が降りました

昨日の夜冷え込んでるなー、いよいよですね、と思っていました

去年、雪の日しかも誕生日に滑って転んで手首を骨折したので、

靴と歩き方に気をつけなければ!!

整形のDr.が言うには、50代転ぶ時手が出るけど、60代は顔からなんだよ、と。転び方も変わるんですね

我が家の玄関もクリスマス仕様にしました



 

DIY 椅子の張り替え2

先日椅子の張り替えをして、うまくできたので、またやってみよう!と思い

今度は40年使ってるドレッサーのスツールに挑戦しました。

買った当初はゴブラン織りの生地が付いていたのですが、モノトーンが流行った頃(20代ですから約40年前)単色の木綿生地に自分で変えていました。今となってはクッションももうだいぶくたびれています。



はずすとこんな感じ



で、中をあけたらクッションが粉々でした、なにせ40年ですから。

家にあった使わないクッション2つの中身を四角く切り取り、整形して

またENGLANDのツイードメーカーのLINTONの生地でくるんでみました。



またまたタッカーが大活躍。蝶番を直して、釘の穴がちょっとくたびれて?いたので

位置を少しずらして止めました。

今回は1時間かかりましたが、お気に入りのシャンパンゴールドのモコモコのスツールが

できあがりました。



 

Bohemian Rhapsody

ロックバンドQueenのデビューからアフリカの飢餓救済のためのLIVE AIDに出演するまでの軌跡を描いた映画Bohemian Rhapsodyが公開中ですが、

もう三回見てしまいました。一度は夫と、後2回は1人でレイトショーに行き、毎回泣きました(泣)



クイーンの音楽は私の青春そのものでした。

大学時代に来日し、東京公演は5回全て行きました。クイーンのTシャツを着て、ブライアンと同じ5ミリカーリーヘアで!

43年前に買ったアルバム、まだ持ってて物持ちがいい私です。全部あったけど、この二枚だけ結婚した時に持って来ました。あとは実家でゴミになってしまったのが悲しい。






 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

映画の中身は言葉では書けません。それは観る人のものですから。フレディ・マーキュリーはじめクイーンのメンバーはスーパーレジェンドですね、やはり。
凄いのは世代を超えたファンが沢山いる、息子も嫁さんももう一度見たい映画と言ってます。好きなロックバンドがリスペクトしてるとか。

 

1回目見てハラハラドキドキし、もちろん大感動し、2回目は落ち着いて見て染み入りまた泣き。3回目はslang満載のセリフを大体追えました。もちろん泣です。主役のラミ・マレックは凄い!。フレディそのものでした。



 

 

 

 

 

 

2年の活動休止の後、ライブエイドに出演を決めてバンド練の途中、フレディがAIDSについてメンバーにここだけの話、と告白したあとの言葉が忘れられない。

同情や慰めの言葉で俺を退屈させるな、I decide who I am myself.

フレディのポートレイトを思わず買ってしまいました、ピアノの上に何回も足が折れたけど、ボンドでとめて大事にしてたvictorの犬と一緒に飾りました。

Tribute to Freddie

DIY 椅子の張り替え

ここのところ、家の片付けにはまっています。
家具を入れ替え、配置を変えたり
照明も変えて家の雰囲気が大分変わりました。
君のテイストで好きにやっていいよ、と夫が言うので
本当に自分の好きなものばかりで部屋を作っています。

シャンデリアが付いてリビングが出来上がったらつぶやきますね。

今まで物置にしていた部屋も、物を捨てたり譲ったりして
片付いて部屋として使えそうなので、
私の籠る部屋にしようと思っています。

ボーッとしたり、昼寝したり、趣味の手芸をしたり
本を読んだり、ゆったり過ごせる部屋。
で、40年前夫が学生の時に使っていたデスクと椅子が
あったので、捨てるのは簡単だけど、椅子の張り替えを
久しぶりにしてみようと思いやってみました。

ビフォー


アフター

なかなかシックにできました!

LINTONのよくシャネルスーツに使われる生地を見つけ、
裏は着物でワンピースを作って頂いた残りの赤い布でカバーしました。この布、可愛いので、クッションにもなりました。





タッカーというホチキスの針がコの字型に入って止まる道具があれば
ものの20分で出来上がり!



このタッカー、20代の頃文房具屋さんに行って
「タッカーを頼みたいんですけど」と言ったら
店員さんに怪訝な顔をされ
「カッターですか?」
「いえ、タッカーです」とやりとりし、カタログで
ようやっと見つけてもらって買ったものです。
今はAmazonとかで簡単に手に入るのでしょうね〜。

DIYのお話しでした。