9/2に日本統合医療学会新潟県支部第1回講演会が開かれます

お陰様で満席となりました、ありがとうございました!

 

 

日本統合医療学会新潟県支部 第1回講演会                   ひとをつなげる医療を求めて
月日:2018年9月2日(日)
時間:10:00(開場9:00)〜13:00
会場:NSG学生総合プラザSTEP

アクセス
●車/紫竹山インターより5分、桜木インターより3分
新潟亀田インターより7分
●タクシー/JR新潟駅南口より7分、新潟空港より25分
●バス/JR新潟駅南口より、新潟・南部営業所行バス「弁天橋」下車徒歩1分

(公共交通機関をご利用ください)

講演:
「生老病死の臨床と哲学」
東京大学名誉教授 大井 玄 先生
「生まれる前の命から、遺された命を支え続けて」
堂園メディカルハウス院長 堂園 晴彦 先生
参加費:会員2000円 非会員3000円
学生1500円(受付にて確認いたしますので、当日学生証をお持ちください)
定員:250名
締切:8月27日(月)

お申込み:メール又はFAXで、
氏名、住所、電話番号、メールアドレス、職業、勤務先または学校名、参加費振込み日を記載して、下記へお申込みください。
日本統合医療学会新潟県支部事務局
Eメール togo.niigata@gmail.com
FAX 0250-47-7286

振込先:
ゆうちょ銀行
口座名/日本統合医療学会新潟県支部
記号番号/00570-4-52401
他行からのお振込み
支店名/0五九支店
店番/059
当座預金
口座番号/0052401
*最終お振込み期限は8/30(木)とさせていただきます。
*お振込み手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。

 

統合医療とは

疾病を治療し症状を緩和する方法には「対症療法」と「原因療法」があります。
これまで多くの医療機関などで実践されてきた医療は、「対症療法」を中心とした近代西洋医学を根本としてきました。
しかし昨今、国際的な医療の趨勢(すうせい)は、単に病だけではなく、人間の心身全体を診る「原因療法」を中心とした伝統医学や相補・代替医療も必要であるという考え方に急速に移行しています。
統合医療とは、二つの療法を統合することによって両者の特性を最大限に活かし、一人ひとりの患者に最も適切な『オーダーメイド医療』を提供しようとするものです。
実際に、救命救急や外科手術などの臨床現場では近代西洋医学でしかなしえない治療が施されます。しかし一方で、慢性疾患の治療や予後の療養、さらには近代西洋医学では治療不可能と言われた症状に対して、伝統医学や相補・代替医療の有効性が数多く報告されています。
また、超高齢社会が進み行く現代社会においては、治療としての医療だけではなく、疾病予防領域も重要視されており、統合医療への期待度は益々高まると予想されています。
このように、治療と予防医療の両面から対症療法・原因療法を相互発展・連携させていく統合医療の推進が、日本にとっても急務となっております。
統合医療の目指す方向性
1. QOLの向上を目指し、患者一人ひとりに焦点をあてた患者中心の医療
2. 近代西洋医学及び伝統医学や相補・代替医療従事者による共同医療(真のチーム医療)
3. 身体、精神のみならず、人間を包括的に診る全人的な医療
4. 治療だけでなく、疾病の予防や健康増進に寄与する医療
5. 生まれてから死ぬまで一生をケアする包括的な医療
6. 「尊厳ある死(Death with Dignity)」と、患者だけでなく残された遺族も満足できる「良質な最期のとき(QOD:Quality of Dying and Death)」を迎えるための医療
この度、同会理事長の指名を受け、新潟市秋葉区のささえ愛よろずクリニック理事長の今村達弥先生が昨年九月に新潟支部の創設を行いました。同クリニックは、精神科としての投薬治療だけでなく、ホメオパシー・針灸・内観療法・アートセラピーなど様々なケアを統合的に提供しています。

今回の講演者

大井玄先生(東京大学医学部名誉教授)
東大医学部卒業後、ハーバード大学公衆衛生大学院修了、東京大学院国際保健学専攻教授などを経て、国立環境研究所長を務める。社会医学徒および臨床医としての立場から終末期医療全般に関わっている。
著書に『病から詩が生まれる』(朝日選書)『「痴呆老人」は何を見ているか』『人間の往生』(以上、新潮新書)『看取りとつながり』(サンガ出版)『老年という海をゆく』(みすず書房、近刊)

ブログはこちら

堂園晴彦先生  (堂園メディカルハウス院長)

鹿児島生まれ。慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターレジデント、慈恵医大講師、鹿児島大学医学部講師を経て、1996年、がん総合診療科、産婦人科、ホスピス機能などを備えた診療所
堂園メディカルハウス」を開業。ビタミンCによるがん治療の勉強のためライナスポーリング研究所短期研修、ゲルマニウムの開発者柿本博士と共同研究を行う。2012年「江戸の長屋を現代的によみがえらせる」と診療所の隣に6階建て集合住宅「ナガヤタワー」を開設し新たな共生型ケアを創出している。著書に『それぞれの風景~人は生きたように死んでいく』(日本教分社)絵本『水平線の向こうから』(名月堂書店)絵本『サンピラー』(石風社)

総合司会 今村 達弥 (ささえ愛よろずクリニック院長・統合医療学会新潟県支部支部長)
プロフィール

1994年新潟大学医学部卒業。学生時代より「よろず医療会」を結成し、専門家・市民ネットワークの活動を行う。
下越病院・沼垂診療所などで地域医療を研鑽し、1999年より精神科へ転じ、都立豊島病院、新津信愛病院を経て、2012年9月ささえ愛よろずクリニック開設。

 

役職・資格
2006年「ささえあいコミュニティ生活協同組合新潟」設立にかかわり現在、同理事
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本老年精神医学会専門医
日本サイコオンコロジー学会認定コニュニケーション技術研修会ファシリテーター
日本仏教看護・ビハーラ学会 理事
この度、同新潟支部は一般市民を対象に、地域医療・ターミナルケアの最先端の取り組みに関する講演会を9/2(日)に開催します。

「病気」=病院に行って高額な治療を受ける、という認識だけでは、来たる超高齢社会を乗り切ることは不可能です。先駆者の活動を伺いつつ、一般市民の皆様に、全く新しい「病気」「いのち」に対する視点を得て頂くことが本講演会のねらいです。

蘇った母の袋帯

バッグを作っていただきました。
帯として使うには古びてしまった素敵な袋帯が世界に一つしかない使い勝手のよい
素敵なバッグに見事に生まれ変わったのです。
くわしくはこちらatelier-kiyoさんです。


1月に右手首を骨折してしまい、腕を釣っていたので、片手で開け閉めできて両手がフリーになるショルダーバッグが必要でした。子供が小学生の時に使っていたバッグがあったのを思い出し!
使い勝手はとてもとてもいいけれど、どうもビジュアルが。。。ということで
思い切りワガママ言って母の帯で見事に再現していただきました^_^

とてもご苦労があったようですが、柄合わせや細かいファスナーの持ち手の飾りまで、素晴らしい
そしてポケットが沢山あってA4ファイルも入る機能的で使い勝手のよい素敵なバッグに仕上げていただきました。
本当に感謝ですm(_ _)m
atelier-kiyoさんにはいつも母の洋服をお直しして頂いていますが、カウンセリングしていただき
納得いくまで聞いてくださり、形の古い洋服が素敵に蘇っています。母も洋服も私も嬉しいです♡kiyoさん、ありがとうございました。

貴重な体験

はじめて入院(お産以外で)しました。貴重な体験でしたので日記に残そうと思います。

大雪の後の気温の低下で凍った地面で滑って転んで右手首を粉砕骨折したのです。
朝、家の玄関を出たところでした。起き上がった時にはもう手が動かなかったので
骨折していることは予想出来ました。なんと誕生日の出来事です。
仕事だったので、すぐに休みの薬剤師さんに勤務をお願いし、タクシーで職場から整形外科へ。

レントゲンフィルムを見てドクターが、「うーんこれねぇ。。。結構グチャグチャだよ」
私「手術適応ですよね?どれくらい入院ですか?」
DR「そんなに長くかからないでしょ」

かくして患部の腫れが引いた1週間後に入院となりました。
今年の占いを読んで、お正月に帰ってきた息子と娘に「お母さん誕生日以降入院するような事があると思うから」と話していたので、あぁこれか、と思い、想定内の出来事と受け止めました。

この際、味わい尽くそう!と覚悟して、職場に穴を空けてしまう分のメイクアップ対策をし、振り込みやら給与計算など必要な事を全部終えてスタッフに任せて入院です。思えば、完璧なタイミングでした。

手術は局所麻酔だから一部始終わかるわけで、どんなだろう、とワクワクドキドキでした。
オペ室に入り、血圧、心拍数、心電図、パルスオキシメーターなどのモニターをつけたり、消毒洗浄したり、局所麻酔したり、オペ室の眩しいライトとか、看護師さん何人いるかな、とかキョロキョロ眺めていたら、血圧がいつになく高く、やっぱり緊張していたのでしょう、腹式呼吸をすると面白いように血圧と脈拍が下がりました。
ボルト4本とプレートが入り、骨が整ったレントゲン写真がモニターに写った時なんだかホッと安心しましたー。2時間の手術が終わり抗生剤の点滴が開始になり(薬剤名と投与のタイミングをしっかり確認して納得していました、職業柄ですね)、オペ室を出ました。

入院に際して家族、親戚や友人、薬局の職員、仕事関係の方々など沢山の方々にお見舞いの暖かい言葉を頂き、心に染み入りました。沢山の愛を受け取りました、ありがとう💕
普段は患者さんをケアする立場ですが、ケアされる立場になり、看護師さんたちの言葉がけに癒されたり、売店のおばちゃんの優しさに触れたり、知り合いの病院の薬剤師さんに同じような体験談を聞いて勇気付けられたり、娘のような年のリハビリの方との会話も楽しくて、看護師さんの人生相談にのったり、他の患者さんとの会話も楽しかったです。4 日目で退院となり、様々な非日常がとても貴重で楽しかった入院生活でした。職場に居なくても安心してスタッフに任せられた、というのもありがたい事です。まさに誕生日プレゼントでした。おかげさまで経過はとても良好です。

完全に治癒するまでにはまだ時間がかかります。家族や仕事でスタッフの協力は必要ですので、ありがとう、という言葉が沢山でるようになりました。この不自由さを知ると、五体満足で生活するという当たり前と思っていたことが幸せな事なんだとしみじみわかります。
リハビリしながらじっくり治癒する過程も味わいたいと思います。体さん頑張ってね!

転ばないように靴を変えました。寒い日が続いています、この記事を読んでくださってる方も、雪で転ばないように気をつけてくださいね☃️

退院した翌朝目が覚めた時、ほんとにありがたいな、と思い涙が出てきました。この体験に、そして全てに感謝する気持ちになりました。ありがとうございました。

 

窓から見える信濃川と、とても居心地が良かった4人部屋

5周年の会

ファルマフェニックスの5周年の会を開催しました
この会はご縁のある沢山の方々に日頃の感謝をこめて企画しました。
東京からご縁のあるジャズバンドの方たちにお越しいただき演奏して頂き皆さんに喜んで頂けた様です。
終わってホッと本当によかったなー、と思います。
お花も沢山頂きました。ありがとうございました。                                                      お忙しいなか、お越しいただきありがとうございました。
一区切りです、さあこれから、が大事です。











 

5周年の記念に



フェニックス5周年の記念にロゴマークを掘った手作り吹きグラスを地元のグラス工房の秋葉硝子さんに作ってもらいました。一つ一つ風合いが違って味わいがあります。

冷茶に丁度いいサイズですが、ワインを入れたり、スムージーだったり毎日愛用しています。とても気に入っています。

包装紙はHeart Window Artの私の絵で、と考えています、
プレゼント作りにワクワクしています💕