沖縄石垣島etc四島巡り

ちょっと遅れの銀婚旅行は沖縄 八重山諸島四島巡り。
旅行が趣味で沖縄が大好きなhusから私へのギフトだという。あっと言う間の25年、ホント我儘で悪妻すぎでゴメンナサイ、それからありがとう。
この旅はもしかして神計らいかも…
新潟は雪で飛行機が飛ぶか心配したけど、予定通り着。以前一度沖縄行を空港で足止めされた事があったっけ。

脱日常!会社員でも親でもないただのおじさんとおばさん。
沖縄もこの一ヶ月寒かったらしく気温は20℃前後で風が強い
残念ながら曇り空で半袖は無理。
石垣島ではガツンと来る強烈なエネルギーを感じ
市場では見たことのない食材がいっぱいでおもしろい
川平湾の青い海には癒された〜!

人口6人という由布島のゆっくり止まりながら歩む水牛車に乗ると
おじいが三線の弾き語り
とってものどかな風景

東洋のガラパゴス西表島はジャングル、マングローブ林の巨大な根っ子
竹富島の赤煉瓦の民家の集落、咲き乱れる南の花
椰子の木、海岸の星砂
南の島の風景は何よりの心のごちそうかも。


沖縄に行くと感じるのは、おじいおばあがとても生き生きしていること。人生の先輩として敬われているのは人々が大いなるものの存在を身近に感じているからなのかもしれない、と思う。 ‘こころ’が呼吸してる感じ。ぽっと来た旅行者には闇は見えないのだろうけど、何かが違うと思う。

25年の長い年月の夫婦の心模様は晴れたり曇ったり、嵐だったりまた晴れたり。それは色々無いわけがない。私の最大の葛藤ポイントはワークライフバランスだった。そしてオフの日でも出かけまくる私に彼は不機嫌。その葛藤の火に油を注いでいたのは、他ならぬ自ら引きずっていた古臭い女のあるべき姿というドグマの手枷足枷だったのだと気づき、現実は変化していった。目の前にあることは内面を映し出しているにすぎないと頭ではわかっていたはずなのに、なぜかここは別格、と自己責任を放棄している私がいたのだと思う。 「彼は私の大リーグ養成ギブスに違いない」とか思っててゴメン。。 ギブスは自分で着けてました。

沖縄を旅し大切な思い出がまたひとつ増えた。一緒にいて心地よく幸せと思える結果オーライな銀婚の節目は超甘口評価で◎
夢を追う私をハラハラしながらしっかりと見守って欲しい。そして転んだら支えて欲しい。
老後という言葉がぶら下がるこれから私達が紡ぐ人生でどっちかが逝く時に大きい感謝の花◎を付けられるのか、は自分次第だよな〜と思う。

「お姉さんはさ、お兄さんの掌の上でお兄さんをお尻の下に敷いてるんだよ!」は妹の言葉。そんなはずはない、と反論するけど自分のことは一番わからない。

間違いや寄り道のない簡単にわかってしまう人生なんてそもそも生きるに値しない。迷い、間違い何かを得ることで人の心はしなやかに豊かになっていくのかもしれない。半年前の私の心の辞書には書いていなかった事、自分でも驚く‼‼
Life is amazing!  今年も沢山学びました。宇宙に、全てに感謝。

石垣島でのメッセージ

新たな目の前の出来事は
新たな舞台をつくりだす
いくつもあるベクトルの
どれを選ぶかは自分次第
どれを選ぶこともできる
あっちからこっちに一瞬で
移ることは実は簡単だ
ただそれを選び
それに手を延ばすという
だけなのだから
流れに乗りなさい
グッドサイクルが訪れる
それが宇宙の法則なのだから
Enthusiasm(熱心さ、熱中、強い興味など)
それを持ち続けなさい


由布島〜竹富島に行く船の中で

死の灰を積み重ねたところで何になる
すでに去ったものに思いを繋いでも 何にもならぬ
目の前に広がる現実とその先にある 未来を見つめよ
You’ve got a lot to do
(しなければならないことがたくさんある)
龍の赤い球は生命(いのち)を持っているか
足元はぐらついていないか
その地に根を張り昇り龍のように
力強い我であれ


沖縄でゆるみすぎたでしょうか、、神様。
来年は辰年、龍の年ですね!頑張りますっ。
新潟はやっぱ寒‼ でもHomeも大好き。
imageimage

わっぽーチャネラー&スピリチュアルカウンセラー踏江みつ子さん2012年の個人セッションin新潟の予定です

わっぽーチャネラー&スピリチュアルカウンセラー踏江みつ子さんの 2012年の個人セッションin新潟の予定です。

10年弱踏江さんのカウンセリングとコーチングを受けてきましたが、特にここ二年間の内面の変化には自分でも驚いています。それにともなって外側の状況もどんどん変化し続けました。 踏江さんの個人セッションやセミナー、チャネラー養成講座に参加することは自己実現、そして成長のための最短距離だと私は思っています。人は魂、意識、肉体の三位一体で存在している、というだけで奇跡なのです。ご自分の広い宇宙を知ってみたいと思いませんか?

ご希望の方はわっぽーHPにメールで個別にご連絡ください。当日の連絡先もお伝えください。

料金は1時間10000円、2時間20000円、延長は10分1000円です。

2012年1月7日(土)11:00~12:00 1時間

1月8日(日)11:00~13:00 2時間14:00~16:00 2時間

(この日は時間の変更があるかも知れません)

2月4日(土)11:00~12:00 1時間

3月3日(土)11:00~12:00 1時間

3月31日(土)11:00~12:00 1時間

4月13日(金)11:00~13:00 2時間 14:00~16:00 2時間

4月14日(土)9:30~11:30 2時間 12:30~14:30 2時間 15:00~17:00 2時間

4月21日(土)11:00~12:00 1時間

4月15日(日)は2012年第一回目のわっぽーセミナーです!

わっぽー第五回新潟セミナー踏江さん口述②時間を掴む・物事自体が動く

昔から言われてることだけど、運は向こうからやってきてあっという間に去って行く。ちょっと年代上は聞いたことあるかもしれない。

Sさん:チャンスの神様は前髪しかないって、幸運の女神、キューピーは前髪しかない、来たときに前髪を掴まないともう行っちゃう。ってあれですか?

ふみ:横でももう危ないくらい、うん、あ、来そうだって時くっと掴まないと運が掴みにくい。ていうことを20年位前、もっと昔から言われてたことだけどそれが今、時間になり始めています。時間がすごい勢いで通り過ぎはじめますので時間を掴んで行って下さい。でないと、出来ることが出来ないで終わってしまう、あれっ!て気がつけばもう時間がないということが起き始めています。だから時間を掴むと自分の出来る能力も上がっていきます。これは私があるクライアントのサポートで、自分の視野を広げるレッスン、段取りを作るレッスンをしました、そうすると人ってすごく出来る様になります。コミュニケーション能力もついていきます 自分だけを見て狭い範囲にいるとついていけなくなります。 文明が進化したから、という話ではありません、時間の流れ、物事の流れが早くなっていきます。この狭い視野ではほとんどが全部抜け落ちていきます。 視野をひろげるには胸を開く。それで、時間を掴んでいくと今まで出来なかったと思うところまで出来る様になります。それを意識しないと今まで出来ると思っていたことが出来なくなったりもします。どうにでも自分を変えられますので。 できる自分にも、できない自分にも、どうでもいい、という自分にも、いつも、いつもどうにかしなきゃと思う自分にもなれます。そのぐらい早くなっています。意識を変えると明日別人になれる、という時代になりました。そのぐらい早いです。それぐらい意識を変えるのが早いです。前は3か月かかってました、今はもっと早いです。でも意識を変えないともっと後退は早いです。できるだけ、意識を変えていただいてもっと知らない自分自身に出会った方がいいと思います。飛ばしてますが・・

N:質問いいですか? こういう空間に私、今ものすごいいろんな出来事と物事とやらなければならない事があって、それで、全体は混沌としているんですね、で、どこかに着地点を捜したいってちょっと焦っている感じなんですけど、でもこの状態で一つOKというところに立って、それで一つ一つ手を出していけばいいんですね?

ふみ:そうです。じゃあ、やってもらおうかな。実際に物事を置いて下さい、何個やらなきやいけないことあるの?今。

N:今ね、とりあえず大きいのが3つ

ふみ:1.2.3これがぐわーっと動くじゃない、1.2.3私はここにいる、完全に入ってください、1.2.3、あるでしょう、自分を広げて手が二本しか無いんだけど、それを同時にバーッと動かすっていう感じ、できるでしょう?

N:いつも多次元で仕事してるけどその感じ?

ふみ:その感じで、そうすると自分の空間自体が変わらない?

N:縦に伸びる感じ

ふみ:縦に延ばせば出来る感じ?もうちょっと奥側に延ばすといいんだけど。そうするとこの物事が動くの、エネルギーを持って、自分が支配しようと思うと動けないの、このエネルギーを持って自分が意図する方向に行くの。会社ってものも動き始めるわけ、名前も決めた、頑張れ!頑張れっ!ていうとこれが振動をはじめて動き出すわけ、私の中心理念はこれだから、って一番大切な種をちゃんと植えつけるわけ、動け!って言ってこれを利用しながら、そうすると大きくなっていくわけ。

N:自分で支配しようとしていたから頭がいっぱい。

ふみ:そうするととっても大変だから小さくならざるを得ない。これを大きくした方が動かしやすい。自分の理念を植えて、動け!生き物だから。たとえば、PTAの役員、この仕事さえも生き物なの。人が集まってやるっていうことは生き物なのよ。これは、「子供たちが喜ぶことをする」、動け!って言うわけ、だけどそれに対して私が主役よ!という人がいるとイビツになるのよ、それでも頑張れってやるわけ。それで自分がどう関わるか、っていうこと。その全部に関わるわけじゃないのよ、自分の会社でもね。違うの、この子を育てるような感じ。このエネルギー。そうするとね、全部こうやってこうするんではなくて。スーッと杖を一本持って魔女のようにピシっ!と、そうするとこれが成長しはじめるわけ。ばーっと場を広げてくれる?何個まで同時に出来る?

N:50個

ふみ:すご!

N:だってそのぐらいあるんだもん、

ふみ:わかった、だから支配をしようと思わない、

N:それがキーポイントかもしれないですね、全部自分の眼中に入れようとしてたから。それぞれが意志を持つわけですね、

ふみ:そう、大事なことだけを踏まえておいて、ポンポンポンとやって自由にしておいてよし、方向が違ったらぴし!ぴし!とそこ違うよ、と意志のところにちゃんとつなげておくわけ、違ったらテコ入れしていくわけ。

N:たとえば現実的な物事の動き方として、〇〇〇というミッションだったとするとサポートが来て、するするっとできたりするわけですね。

ふみ:そう。もしくは、そんなに時間がかからないで自分でできる可能性もあるわけ、全部細かーくやろうと思うと大変だから、要点だけでいいんだなって思えば。

皆さん、今の感じ解ります?自分のことに置き換えて考えてください。同じなんです。で、一人一人の能力が違うから比べることは一切しないでください。私はいくつ置くんだろうなって。 Mさんは物事をいくつ置けるかな、いくつ同時にできます?

M:3-4個

ふみ:わー結構できますね、何か言ってみて

M:〇と〇と〇

ふみ:ちょっと捉え方が大雑把なんで、たとえばね、お父さんの肩こりが問題だと思っている、こっちで今晩の夕飯が問題だと思ってる、あそこの押入れを片付けるというミッションがある。家のことだけ言えばね、要はそんな風に具体的なわけ、これ、どうこなすんだ、お父さんの肩こりはお父さんの問題だから撤去!、押入れの片付けはこれ自体が綺麗になりたいと思ってるんだったら、その段取りがわかったりとかね。 物事をあまりにも大雑把に捉えると結局眺めてるだけで手が入れられません。今やったワークは、非常に具体的な物をおいて自分が同時にいくつやる能力があるということを知る、 高い低いではなくて今の自分を知るということです、それをやってください。これをやりやすくするためにはどうしたらいいんだろう、次に、いくつまで置けるんだろう、と、そうすると次の自分になりますから。 無理をしたら壊れますのでしないでください、負荷をかけないように、無理をしないように、楽しんでやれる範囲内で。今までの時代では1つか2つで十分だったんですよ。

N:ありがとうございました、なんか、カオスを眺めている感じがあったから。

ふみ:そうでしょう、だから手が出せないの。もっと具体的にやっていくとどうしたらいいかがわかる。動け!動け、と。現実に手を出しやすいんですよ、自分の知恵も湧き易い。どうしたらいいかわかるってことなんです。それをやるだけですから。 不安感を抱えた摩擦が実は一番大きいです。エネルギー的には。消耗が大きいです。それを早めに回避するために具体的にやってください。

わっぽー第五回新潟セミナー踏江さん口述①思考の幅を広げる

わっぽーセミナーでの踏江さんのコンタクトや口述は聞き返すと心に沁み渡ります。ずーっとチャネリング状態でお話されているので、あとで細かい事をお聞きしてもよく覚えていらっしゃらない事もあります。今回はもっとたくさんありますが、二本です。

コンタクト
天と地は違う動きをしています、その違う動きが、実は大きな一つの動きとなっています。 天と地の間にいる者たちは天と地を別に考えます。しかし、地で起きている影響は天にあり、天に起きている影響は地にあり。 そのことを意識してみると、自然の中で何かが動いているということを察知できます。 この法則は、物事の起き方、移行の仕方、にも関係しており、どこかで誰かが転んだならば、その影響が、他で、どこかで誰かが起き上がっていたり、どこかで誰かが助けを起こしていたり、何かの形が動いて、そのふたつによって一つという風な現象になっています。 よくよく思い出していけば、家族の中で、一人の人の状態が、あったなら、そこにみな着目するけれども、それに隠れて違う状態が起きてそのふたつがひとつの形を成していることがよくある事なんです。 良い事こと悪い事という風にとらえるとわかりにくいですが、デコボコと考えてください。非常に突出してた時には、どこかが引っ込んでいてでいてそれが一つになりやすいんです。 静かである時は静かである、非常にハイになっている時に、片方が沈みやすくなってそのようなことがおきやすいのです。今は二点で行っています、今までの地球はこの二点、二極というもので物事の反応がおきていました。 その時代から今度は複数が一つという風な時代に移行していきます、対極ではなくなっていきます。物事が複雑になっていきます。この次元へと上昇していくでしょう、その為には自分がどんなに変化しても自分を失わない、己自身というものが此処にある、その自分になることが必要です。 これからどんどん起きていくであろう、いろんな物事に対処するにはどんな状況でも自分を失わない我という風なあり方になっていくべきでしょう。

口述

体って右足があって、左足がある、それで歩くっていう行為が起きる。対でついてるわけ、目は一つでは立体にならないけど、ふたつになって立体になる、三次元になって見える。 前と後ろがある、実は後ろを感じる感じ方というセンサーもある。不安感は後ろで感じます。前側は把握できる、自分の把握エリアがあるんですよね、前は大体ここらへんで、人によって違うけど、後ろ側は闇とか、不安などを強く感じます。 背中のセンサーというのは別ものでこっちの前が凸凹の出ているとほうとすると後ろ側は引っ込んでいるほう、いままでのこの地球、三次元は、二極のバランスを取りながら把握していく、それが生きやすい状況だった、だった。 これを意識してみると、自分のなかで裏表があるんですよね、一つのことを良し、と考えているとその奥には実は反対の事を思う、例えば、お金を無くしたというときに普通に考えると「わーどうしよう」とマイナスに捉えるけど、じゃあその奥にある反対側にある捉え方はって考えた時、
Uさんどう思う? 「厄落とし」
いいね~ Kさんは? 「まあ、誰かがが使えばいいか」
Sさんは? 「あーなんか意味あるのね~」
Nさん? 「意味あるのね、ピンチはチャンス」
それぞれの人の反対側ってえ!って思うでしょう、そんな風に思うんだって・・ 厄落としなんていいでしょう!そんな風に一つの物事でも一個思ったことの反対側もあるから、それを意識するだけで、もっと広がるんですよ、物事の考え方や感じ方や、そして実は理解の仕方が。 すごくいい事が起きても、すごく幸せに感じてもその向こう側はなんだろう?いい答えの反対側のマイナスは重いんです。 良い思い方と悪い思い方ではないです。こっち側の思い方と向こう側の思い方です。 そこに一切価値を置かないでください、そうすると自分の考え方の幅がひろがります。自分の認識の仕方の幅を広げるための思い方です。 これはすぐにでもやってください。足も二本、指も二本、対極はやりやすいです。今、こう思ってる、じゃあ反対の思い方は何なの?これを早急にやってください

でもさっきのコンタクトでいくと、複数の事が同時に起きるということだから。 今までどうも物事の起き方が一つ来て、これを越えると次が起きてだった。 2000年を超えたころから複数の事が同時にいくつか起きるようになってきた。え!え!え!って一つ解決してから次では、一個一個解決していくという処理法では追いつかなくなっていく。まず、二つが同時にできるようになる。要はね、今起きている二つが連動しているかもしれない、という風に思ったり、似ていることが2つあると4面から捉えられるそういう風な思考の幅、心の幅、そういう振動があっても、んーあるね、来てるね、ぐらいのゆとりが持てるぐらいになって、まず、二つが同時に起きていても、「これは意味があるかも、で、で、その奥にはそれで?と」これとこれのこっち側、これを思考でやると頭が重くなるので思考じゃあありません。さっきの質問の答えを、なぜ間髪入れないで答えてもらったかというと。思考を使うとこれがこうなってああなって、と絡み合うんです。一つの事でこのやり方をして、これが二個あると同時にできません。これはこうなるだろう、その次にこうなるだろうあれはこうなるだろう、あれ、どっちだっけ、どっちだっけ、どっちだっけ、とこんがらがって頭が大混乱になるので思考ではありません、ここでぽっと出す、思うんです。 今日はね、どう思うか、どう感じるか、だけでやっていってください。 私とっても加速しすぎて暴走してしまうことがありますので、ちょっとブレーキ踏んだほうがいい時は止めてください。それで自分のために質問をしてください。みんなのためと思わずに、思いっきり自己中になって自分の問題だけど、聞いて良いですかと質問をしてください、時間を自分の方に引っ張って下さい、OKです、思いっきりそれをやってくださいOKです。