チャネラー養成講座・続く変化-Precious Moment

今日とても私的にはすごい気づきがありました。
前回のチャネラー養成講座で子供時代との分離に気づいたのですが、
(そもそも小さい頃は身体から抜け出てました)
35歳の時に自分の書いたシナリオ通りスピリチュアリティーに目覚めて
自分探しを始めた、持っているもの全部を欲しいという方に差し上げて
何もないつもりでインドに旅立った時、その前の35年間をすべてバッサリ
自分の意識から消し去っていたのだ、と気づいたんです!生まれ直したと思ってた。
だから、今私は16歳、どうりで、メンタリティーはそんなもんでした。。
記憶も感情もなにもかも無い事にしていた。自分の中が二つに分離しているのに
気づかされました。35年の上にこの16年があるんじゃん!大事な思い出だって
あるはずだわ!と思った時思いだしたのが、娘と同じ歳、19歳の頃の私の写真集です。
アマチュアカメラマンさんのモデルを中学生くらいから何度かさせていただいた
ことがあるのですが、たしか明治神宮だったかな~。これも私じゃない!と
改めて思いました。写真に切り取られた二度と来ないPrecious Moment
夫の友人のショットです。
35+16=51やっと年相応の中身に近づいていけるのかも??一気に老けちゃうかな?

P.S.この写真をUPしたときはまだこの人は私にとって他人だったのですが、数日たって私なんだとホントに腑におちたら、急ーに恥ずかしくなってしまいました。。アホですね~~~

チャネラー養成講座アドバンスコースその後

わっぽー踏江さんのチャネラー養成講座のレポートを書きましたが、その後の変化について書き記します。

端的に言えば、コアの自分の受け入れ難い部分を受け入れた時、急速に拒否していた時の
不安定な気持ちは消え、本来の自分の持っている強さを感じた、という劇的な変化の体験です。それは全ての人の中にある強さで、たまたま私はそれを見つけさせて頂いた、というだけの事です。
踏江さんが、「一本の自分で生きる、ぶれない中心軸」とよくおっしゃっていますが、もちろん、コアを追求すればきりはありませんが、このことなのだろう、と思いました。
どんな自分もジャッジせずに認める、そうすることであるがままに近づく、という事なのでしょうね、素の自分ほど強いものはないのだ、と感じました。人格統合の一過程という事なのだと思います。デバッグどころか、システム全面変更ぐらいの変化です。

今回の講座で受け入れてはいたけれど、今だ重たかった子供の頃の想念のエネルギー帯が消え、過去になんのつっかかりも引っかかりなくなりどんどん軽くなる自分を感じました。

昨日の早朝に綺麗な茜色の空のイメージが浮かび、「DAWN(夜明け)あらたな始まり」と聞こえました。
私の一つの時代が終わって、次へのステップ歩みはじめたのだ、となんだか感動しました。

こんな凄い変化を起こしてしまえるわっぽー踏江さんのチャネラー養成講座です。
辛いことすら楽しめてしまえる自分になれます‼ 是非ご参加ください。
ご希望の方はご連絡ください。

2/13朝6:00
神様が宴会やってるんです、メッセージ

強者どもが夢の後
酒を持て くみかわせ
宴だ宴だ楽しめよ
つつがなくことは運び
回転し 回りを巻き込み
大きくなる
シフトの時 軸を据えよ
その太い楔が必要だ
やれ楽し



なんか楽しい〜です!
ますます怪しいお目出度い人になってしまいそーな私です。
これで会社の代表って??と頭では心配ですが、
内側はなぜか超ワクワク!コアってのは軽いんですね。。
私ってこんな明るかったっけ?と不思議です…

わっぽーチャネラー養成講座参加日記③ー感情を開放する

わっぽーチャネラー養成講座基礎コースより

Tさんの一ヶ月
嘘と怒りっていう感じで、結局はそのことによって本当の自分を知ることになった。本当の自分って、え、まさか、そこなの、っていうくらい自分の中では驚きで、その蓋を開けるのに抵抗がある。ずっと、まずそれがある事も思わずに過ごしていた。 自分がものすごく泣いてて、まだ泣くのかっていうくらい泣けて、 それを実生活で気付いて、そんなにはうまく出来なくて、どうやって言えばいいのか、ここはやっても言ってもいいのか、そういうのがうまく出来なくて、でもその蓋を開けたってことはものすごい良かった。

ふみ:自分の心に嘘をついてね、周りに合わせる、相手に合わせる、 合わせてしまう、それをやめた自分は?

T:楽です

ふみ:どんな人になっていく感じがする?どんな人間像になっていく気がする?

T:もっと深い目で人を見れるようになる。嘘で人に接していれば人と波風は立たないけど、嘘をやめたら

ふみ:そこ、ヒントだよね、じゃあ自分に正直になると波風が立つわけですよね?

T:想像しただけでそれが怖い、だって何かが崩れるかも。

ふみ:じゃあ何が崩れるんだと思う?

T:例えば周りの人が困る。

ふみ:社会的に皆が穏やかになっているのに波風が立つわけよね、うまくいかなくなる、波風が立つ、皆が困るだから言えなかった、子供の時から言えなかった。もうやめたいと思っているわけよね?波風が起こってもいいと思っていないとできないわけですよ。自分に正直になればさ、「ちょっとあんたさ、それでどんだけ迷惑かけてると思ってるのよ!」って言っちゃうわけよ、波風立てて弊害は?ちと疲れる。でも自分に素直だから一時なの。自分に素直だから清々するの、後悔が無い。だからそれを掴むかどうか。

T;本当に凄い蓋開けちゃったんだと思う。

ふみ:開けて良かったよ。感情を抑えてたから、そこに着目して下さい、いまどんな気持ちがある、言葉にするの。物申す、そのレッスン。

T;すべての感情に蓋をしてたわけじゃなくて、とにかく怒ること、怒りに対してものすごい蓋をしてきた。

ふみ:あなたが怒ると人の倍くらいある、それが怖いんじゃないかな。怒った時はぐわーっとね、できれば湧いてきた時に人に向けると人が壊れるから自然に向かってやってくれる?海でもいいし、滝でもいいし、自然界のエネルギーは強烈なんで、そこに向かって「バカヤロー」って、思い切りやってください、そうすると神の領域に行きます。それかね、皿を割ってください30枚位、あと電話帳を破るとか。 人に向かうと次のものが生まれちゃう。自分の中で体験した方がいいです。

T;嘘をついてきた自分に対して怒ってる

ふみ:それはあると思う、どうこうでなく、それに自分の概念で蓋をしていたわけ、それを放出するわけ、その時言っちゃいけない言葉はないです。止めると消えない、言葉の持ってる奥にあるものが消えない。宇宙に向かって全部受け止めてください、と自分の中にある思いを放出する。相手に向かってやると念が飛びます。宇宙に受け止めてもらった、包んでもらったと実感できます。ストレートに感情を出してください。どんな方法がいいかな、連絡ください。


急に太陽が顔を出し記念撮影

わっぽーチャネラー養成講座参加日記②ー思考を払う

わっぽーチャネラー養成講座基礎コースより

Kさんの一ヶ月
前回のセッションで未来の自分を見て、本当に続けたいのかがわからなくなった。自分の中に入り込んで拒絶していたが、その奥に繋がりたいという思いがあった。そうしたら本当の自分に繋がった。 胸が嬉しくなって何をしていても嬉しくなった。大根を刻んでても 仕事で石膏を練っていても嬉しい。でも何かで違う思考が湧くとそれはすぐに無くなる。 「ウエス」って聞こえたのはそれを取り払えってことなのかな、と。

ふみ:思考ってのはどんなの?

K:私は無力、人とは違う?

ふみ:そういうところからいつものバージョンに入ってしまう、思考を拭い去るってのは浮き上がって来たものを思いっきり拭けばいいだけよ。私は無力って言いまくってる水たまりの汚れを拭き取ればいいだけ。汚れがある、拭くってどういうこと? 拭いた後はどうなるの?綺麗になくなるでしょ、そうすればいいだけ。

長い文明の中でいろんな人の感情エネルギーがあって思考エネルギーと一緒になって存在しているわけ、どこかにつながっていたいわけ、表明していたいわけ、思考パターンって癖として残っている。 感情が繋がると向こうからやってくる、そうするとズボーッっといくわけ。 私は無力ーあーいらないいらない、って。拭けばいいの。言葉にして捨てりゃあいいの。下に落としてもごたごた言ってたら踏みつけにしてやればいいの。私じゃあないんだから。    

何をやるときも感動、嬉しい、幸せ、それが私。 陥れようとするエネルギー体がいるというだけ。 ざわついたとき、あ、違うぞ、私じゃあないって思えばいいわけ、入ってきたのかな?違うのが、と思う。
基礎コースの様子
K;それって自分が求めてるから来るんですか?

ふみ:そういう事では無いんだわ、例えば、誰かが嫌い、自分の中にある嫌い、でもいてもいいよね、はOK、でもすごく嫌いってこうした時(手を振り払うように伸ばす)これって繋げるって事なのよ、この人とは合わないよなーっていうだけだと、この人はここにいるだけ。そばにいても何の感情も思考も動かない。うわー嫌だ嫌だ、これ反応してるわけ、この元があるわけ。このあるのに外側のエネルギーがズボンっと入るってこと。 これがわかると何にも動じなくなります、全く。 違う、というだけで全然平気になります。前はこういうタイプの人大っ嫌いだったよなー、ただ私とは違うんだー、ってだけです。

K;んーって思うと繋がっちゃうんだ!それを払うって事なんだ!

ふみ:ここ難しいんだなー思考を払えってことなの。エックハルト・トールの「ニューアース」をもう一回読んでください。この本は不思議な本で段階によって理解度が全然違います。 自分が学ばなければいけないから見せられてる、というと重くなる。 あるからパイプが伸びて伸びたからピューっとここから入ってくる。そこに思考と感情が乗るからもっと重くなる。そこらへんの概念を入れると受け取りやすい、自分の状態もジャッジしないで受け取りやすい。

N;違うってことを見るってことはそれを受け入れるってことですか?

ふみ:それが受け入れるってことには結局なるけど、受け入れるってことで、もっと仲良しになる必要があるなんて思う必要なんてないの、ただ違うってこと、それである種距離があるんですよ。あるがままを見るってこと。そこに思考や感情を乗せない。乗せると何かのアクションを起こすんですよ。 例えば、テーブルがある、それが邪魔だという思考がある、邪魔だなって思うと気になる。 その邪魔だという思考をぞうきんで拭くっていうこと。 あーあるんだ、ってだけでそれを外せる、皆はなんで気にならないの、と思うとそこに感情が乗っかる。
思考をはずすとものすごくシンプルになります。 思考は大抵言葉で聞こえています。それでものすごいエネルギーを使っている。これを停止させていくと疲れが減ります。


雪の新潟市

わっぽーチャネラー養成講座参加日記①ー本当の自分

2/4は大雪で在来線が動かず、予定を変更してわっぽーチャネラー養成講座基礎コースに飛び入り参加しました。翌日の2/5はアドバンスコースに参加したので体験を書き記します。

養成講座基礎コース③ 先ずはこの一ヶ月の出来事について、個人セッションバージョンです。

Nagai:辞表を書いたら、怖くなったっていう事があった。今まで22年間培って来たものを失う、足下がなくなるというような恐怖。裸の自分と向き合うような感じがした。そうしたら、踏江さんのサポートもあって本当の自分というところに行き着いた。とても怖かったが、蓋を開けたらはじめに出て来たものはとても受け入れ難かった、具合が悪くなる位。少し前に聞こえた「デバッガ」というメッセージの意味を知った。(丁度健康診断があったので、身体のデバッグ?と思ったが、結果は良好で違った)本当の自分と自己認識とのズレが感情を誤作動させて怖れる気持ちが起きるから、そのズレをデバッグするという事だった。
自分のblogが気持ち悪くて見れなくなった。私はチョット可愛いおばさんでいたかった、でも違うんだ、と思った。

ふみ:私はこういう人だろう、これ皆さんにも起きてますから、優しいひとだったり、みんなに受け入れられる理想像を作り上げている。 自分の理想像を壊さないと本当の自分が出て来ない。 理想像を作ってそれで自分を下げている、それはいらないのよ。 可愛いくって目をうるうるさせて涙目でいたいでしょ、皆知ってるよね、この人の強さってのを、何か勘違いしてるよなーって思ってたけど。

私って誰?と聞くと理想像が出てくる。だから聞くときは第三者的にあんた誰?この人誰?って聞くと出て来やすくなる。











ーこの翌日のチャネラー養成講座アドバンスコースで受け入れ難い本当の自分のもっと深い奥底のコアに踏江さんの誘導で行きました。 とても自分一人では行けなかったところです。そこには明るくて青く光る大きな海がありました。見えたと同時に聞こえたのは「Mother」という言葉でした。なんだか驚きでしたが、これも現実です。とても心地よい安心できる空間でした。

アドバンスコースのもう一つのワークでは、私の三歳頃の子供時代、はては生まれる前の元いた星に全員でワープしました、私にはここの記憶があります。このワークによって私が感じていた生まれ落ちたときからの生き辛さの理由への明晰な理解を得ました。  40年間の心の旅を一人芝居の茶番劇だったと思いつつも、暗黒時代と受け止めていた幼年期の重さが変質し、とても軽くなったのです。人生のエネルギー曲線を経時的に読むと、以前はゼロから大きく下に沈んでいた線が、何の引っ掛かりもなく、50年間淡々と上向いていくものに変わり、生まれる前に約束した人生を生きている私なのだ、とただ受け止めるだけになりました。また得難いものを頂きました。本当に感謝しかありません。

すべての内容はとても書き現せませんが、今回の講座の一貫したテーマは本当の自分、コアの自分ということだったように思います。 チャネラー養成講座は参加する度に本来の自分に近づいていく、徹底的に自分と向き合うことになります 。自己に向き合い、チャネリングにより指針を得ながら本当の自分を生きるという事が宇宙の意図や法則に波乗りする近道なのだろうと思っていますが、参加する度にこの講座は本当に凄いところだな、と感動します。

踏江さん、大雪の新潟にお越しいただきありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

養成講座基礎コース最後の踏江さんコンタクト

力を抜き歩めばいい

 大地を歩む時  山を歩む時

 空を歩む時  歩む方法が違う

自分は歩むと決めたならば歩むがいい

いろんな場所でいろんな歩み方を 体験すればいい

一人一人の持っている進む方法は そう多くはありません

自分の進み方  自分の受け取り方 自分の表現の仕方 

それは 自分が持っているものです それを見つけなさい

そうすれば何があろうとも 自分を生き切ることができるのです

 自分が自分以外を演じようとしたとき

自分というものが終わったら

自分以外のものを演じようとしていたものも 全部消えるのです

自分をしっかりと生き切ったならば

その生き切った記憶はきちっと残りますが

自分以外のものを生き切っている場合

もしくは生きているつもりの場合

 何の記憶も残らないでしょう

今世自分を生き切るようにしたならば

あなたの今世はしっかりと自分のデータに残り

自分の歩みを行なっていることになるでしょう

自分の作り上げた人生設計です

それをものにするかどうかは己にかかっております

すべては体験  ただそれだけと言いますが

 自分らしくない自分の体験は 何も残らないと心にしておくように

 記憶さえ残らないのです

しかし自分を生きているならばそれは

 それはしっかりとあなたのデータに入り

あなたの智慧となっていくでしょう

自分以外を求める必要はありません

己を求めて己を生きていくように


踏江さんとアドバンスコースメンバー