手紙

大学内の学寮で生活している娘が寮を出ることになった。親が安心というのが寮を選んだ第一の理由だったが、一人で静かに過ごす時間が特に必要な娘の限界はそう遠からず来るだろうと思っていた。
自分で不動産屋さんを廻りアパートを決めてから連絡が来たが、
学寮でも心配でしかたがない夫は毎月娘に1-2回は会いに行っていたので、東京での一人暮らしには難色を示していた。私の本音は心配はあるけど行け〜〜だった。

でも大家さんからとても丁寧なお手紙を頂き、二人で読んでその心配も和らぎ夫もあれこれを言わなくなった。
このお手紙、一文字一文字筆で書いたように丁寧に綴られ、暖かい思いが伝わって来た。普通にアパートを契約しただけで世知辛い世にこのような方もいらっしゃるのだな、と正直驚いてしまう自分がいた。大家さんの優しいお気持ちが有難いなー、と思いました。


謹啓
時下益々ご清栄の御事とお慶び申し上げます
お初の御所面を申し上げます
今般◯◯様のお世話を申し上げます◯◯と申します
幾久しくの御厚誼を賜りますよう伏してお願い申し上げます
この度は数有るお部屋の中より私共とご契約を頂きまして誠に有難うございます。心より厚く御礼申し上げます
頂きました今般のご縁を大切に力の限りお世話を申し上げます所存でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。
ご契約のお部屋と私共は地続きでお部屋の見回り等何かあれば馳せ参じる事が出来ますので、この点ご安心下さい。
交通も◯◯駅より2-3分の所にございます。
夜のご帰宅の折も商店街の灯の中を通ってのお帰りとなれますのでご安心ください。
日常の買い物も商店街が至近で、日々の御生活に御支障はないものと存じます。
◯◯様にはご両親様の御元での恵まれた環境とはちがい諸々の点で段差が生じ御生活のしにくい面もお有りと存じますが、
長い人生の経験の一頁としてお過ごし頂ければ幸いに存じます。
私共では万全の体制でお迎え申し上げますが、実生活の中で不具合等が生じました折は何なりとお申し付けください。
◯◯様には新しい土地での出発となりご両親様には何かとお気懸りと存じますが、
大切な大切なお嬢様をお預り申し上げますからには充分に目を配り、小さな力ではございますが、不動産屋共々お役に立てればと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
時候不順の折、お身体御大切におすごし下さい。
御礼、ご挨拶まで申し上げます。
御上京を鶴首いたしております。  
                                                                              敬具
                                                                              ◯◯ ◯◯拝

封したところに緘の文字が、なんか勉強になったです。

モノリスワークin新潟参加記

11/24-25ケイスケさんのモノリスワークに参加しました。
これで3回目ですが、新潟での参加は二回目です。
場所は自宅から徒歩10分、わっぽー新潟セミナーも行っている所。
モノリスワークに参加すると何かが大きく変化します。

カードリーディングは今考えている事を確認するような内容でした。
今回、事前にあまりヘミシンクを聴けませんでした、そして、
5つの問いの間は爆睡してしまいましたが
次の5つのメッセージは受け取りました。
自分のために記録します。

5番目に大切なメッセージ
捨てる、取り去る、執着、理解、必要性
ー義務、馴れ合い、孤独感、責任を取る必要性、なげやりな心、
Must、有能でいたいという在り方、賢さ、美しさへの執着ーこれらを捨てるという事だと思いました。
全てを受け入れる必要性、時間は押し迫っている、回り道をするな、ストレートに行く、的確に受け取る、それを実行する、理屈はいらない。

4番目に大切なメッセージ
美しさ、魂の輝き、内包する、すべからくある愛への気づき、放射、浸る、自分自身の内側、すべての人にある魂の導きにフォーカスする。あるべき姿などというものは無い、自己を開き拡げること、内奥を見る、その美しさを生きる、アンカー、自己の本質のへの目覚め、役割(個性を通しての)、痛み、苦しみ、悲しみを癒す必要性。

3番目に大切なメッセージ
捜す、ソウルメイト、存在する、身近に、つながりを求める、お膳立て、それは必ずやって来る、サポートを掴む、理解などいらない。
細々とした心配もいらない、あるのは情熱だけ、それでよい、全ては計画通りの道筋、ただそれを歩むのみ。そこにいる、それを信じてよい。今が最も苦しい時期、開放されていく。

2番目に大切なメッセージ
ひっかかり、トゲのない丸い自分、それが本質的自己の在り方だ、経験から学びとってきたその資質を今後生かす時が必ずやって来る。
それを信じるのみだ、もしそうでなければ滑り落ちる、奈落の底、
同じことを繰り返したいか、と問う。
今生でやらなければ、いつやるのか、ここまで、手の届くところまで来た、自分を愛でよ、それのみだ、祝福はやって来る、内なる幸福感に満ちるだろう。

最も重要なメッセージ
与える人、母性、大いなる我、真我への道のり、崇高さ、高潔さ、とらわれの無い心、互恵の社会、宇宙の創造への貢献、それを知り、知らせる。人の本質を伝える、本当の事を知り、広める。
神性への気づき、神は隣にいる、そして自分を内包する広大な宇宙を語る。豊かさを受け取りなさい、拒否しないこと、苦しいだけです。

ケイスケさん、主催者の皆様、参加者の皆様1.5日ワークではお世話になりました。沢山のメッセージを受け取り、それをシェアできて幸せでした。
vangelisの音楽も感動的でしたが、ケイスケさんの新刊
はじめての「超意識」覚醒に付いているCDも感動ものです。聞くだけで涙が出ました。自己の本質を垣間見ることも可能です。
本当にパーソナルワークができるCDです。
今生は相当の覚悟をしてやって来たんだと薄々気づいていましたが、それがクリアになった、というか、しつこく確認しに行った感じです。
知識だけでは人の意識は進化向上しない、体験を通してのみ学べるのだ、苦しみを得て人は成長するというケイスケさんの言葉は本当にそうだと思います。
感謝m(_ _)m

Happy Birthday Daddy

Happy Birthday Daddy
定年まで数年、あなたの望む旅行三昧の老後にはつきあえなくて本当に申し訳ないですが、仕方ないと諦めて下さいませ…
Who you areは♥K
King of Hearts: The Father Card
Standing at the top of the suit of love, the King of Hearts recognizes that love is the highest power of all. These people make devoted parents, but not always the best spouses. Their devotion to their children and profession often displaces the love they would give their spouse. They do love everyone, forever, its true, but sometimes the wrong associations bring problems. These people can be overbearing, as all Kings can, but this is only the case when they have been betrayed by those they hold closest to their hearts. From past lives, they bring with them the knowledge of mastery of their emotions and of their family life. Consider yourself blessed if they consider you to be one of their “family”. There are inevitable losses of loved ones in their lives but they know the truth and can let go though they still feel the pain. Many of them are mentally gifted and sometimes psychic. Much knowledge just flows to them and they use this to rise up to the top in their careers.
たしかに、子供たちにとってこれ以上ないお父さんですね、
lousy spouseと思うこともあるけど、そこは多めにみましょ、お互い様、人のことは言えません。
お互い忙しすぎ。
去年からの1年は9♣
The Nine of Clubs literally means ‘completion of plans or ideas’. When this card appears it will signal a time when some ideas, ways of thinking or communicating, or some personal plans of yours are ready to end. If you choose to resist this ending, you will experience great disappointment, stubbornly holding on to things, ideas or plans that are no longer useful or helpful to you. If it seems that things are going against you when this card is present, it is probably because you are resisting letting go of something, that in reality, is no longer doing you any good.
On the positive side, you are ready to awaken to a new and higher way of thinking that will be better than you have imagined. The Nine of Clubs has been known to signal a time when powerful spiritual experiences may occur, such as universal consciousness, and also indicates the success of any endeavors that involve spreading higher truths to the world.
今年からの1年2♣
The Two of Clubs means conversation, communication, sharing ideas and cooperation on a communication level. However, it is also known as the card of fear and arguing. When it is present you may feel compelled to talk to others and to establish lines of communication.
Look deeper into yourself and you may discover an inner conflict between your desire to be alone and to be with others. Talking to others may shed more light on who you are. Just make sure that you are being honest with yourself.
やりたくない事は引き受けないで頂戴ませ。

トラブルメーカー

今日薬局にアル中の困ったちゃんがやって来た。
患者さんではない、通りすがりの住人。
年の頃なら58・9?いいおっさんだ。

やたら芝居がかって自分を語る。
ヘベレケに酔っ払ってるが人をよーく見てる!
気がちっちゃいから酒を飲まないと本音が言えないんだろう。

曰く、おれはなー亀田(あの亀田製菓で有名な亀田は近い)の
刑務所に一ヶ月半もはいってたんだぞ〜
威嚇すると殺すからな〜〜

男の子ってのはな、お母さんに優しくされたいんだよ!
(なんだ、やっぱそこ!)
お前のその目は何だ!お前みたいな頭のいい女はな、
夫婦関係が破綻してるだろ〜俺にはわかる!
(たしかにじゃじゃ馬だし夫は平均的な人じゃない、
言っとくけど破綻なんてしてない!)
打たれ強さが売りのスタッフさんに
お前の心臓に生えてるのは剛毛だ!
ーその通り!

他の患者さんに迷惑至極、警備保障の方を
カウンター下のレスキューボタンを押して呼んだ。。

この方、格好こそいかついが、どうしたらいいか
困ってる。。。警察呼んでいいですか??と。

お前みたいな優しい目をした人間はな、そんな仕事は
向いてない、そんな目じゃ無理だ‼
ー確かに!

結局警察を呼んで首根っこを掴まれしょっ引かれて行った。
またおまえかっ!店長さんに謝れ!
お巡りさんに頭を押さえつけられ、ごめんなさいと
謝り、もうしませんm(_ _)m
大柄の柔道家みたいなお巡りさん頼れる〜

いい経験だったし、面白かった。
このアル中さん奥底見てるじゃん!
お母さんに認められたくてできなくて
アルコールに逃げてる、多分頭良いんだろうが、
いいおっさんだけど子供みたいな方だ。
もう来ないでね。

続編・わっぽーチャネラー養成講座アドバンスin新潟11月参加記・霊体と繋がる

踏:本日、ここで一番のメインが二つのワーク
最初にリズムをとりながらいくつかの質問に答えてみましょう
実際にやっていきますけど、これはチャネリングのレッスンです。
太鼓の太古の昔からの音、これをやりながら私が質問をしていきます。これはやります、結構ハードですがやりながら説明します。

これは意外と難しかった。
その中に入れずに外から見てしまう事があった。
蝶、ダイヤモンド、雷、、、その中に入って表現していく。
 
踏:もうひとつですね、霊体とつながってその深い世界に旅していく体験をしたいですが、人を知るにはわかりやすい世界ですし、そこでのトラウマを解消できる世界です。
霊体の意識、霊体の状態から人を知る
先日焼身自殺をなさった方の10日目に恋人の方とお母さんのセッションをして、その時に霊体に入っていく体験をした。いままで霊体に入るときはその人の思い方考え方を見てたのね、物理的にどういうところにいて、どういう風に現象界が見えるかってのははじめてやったんです。
こんな風に見えるんだ、と死後の世界ってのが本気ではじめて体験したんで、これがなくなってからしばらく完全に今を解放したときに記憶も多分無くなると思う、今生の記憶さえも。
記憶を持ってるってことはある種の執着があるわけだからここにとどまっちゃう、意識が変わる時って溶けて個の意識はなくなる
ここの霊体までが今生と思えるようになった。
幼児期、青年期、老人になって死があって、この次があってこれを乗り越えてはじめて人生だなっていう風に思えたんです。
今抱えている病気だとか精神的疾患だったり、ここまでアプローチする方が理にかなってる。なのでここを知らなくてはならない。
 
霊体ってのは体を持ってないので、どういう理論かわかりませんけど、霊体が触ってるところってのは体温が下がります。
チャネリングしてるときには臓器も落ちていく、長時間やると危険です、高周波の神様でも同じことが起きます。
高周波の神様ってのは私たちが行かないと繋がらないですが
霊体ってのはそこかしこにいるので、痛くなったり、冷たくなったり
どうしましたか、とお茶を出して会話していた、話を聞くと痛みがとれたりした。
こうする方法もあります、って話すとふわーと手放したりする
ご本人の家族の記憶も薄らいでるのね、何十年か経ってると。

M:何十年もここにいるんですか?
踏:います。
 たとえばこのペットボトルに執着した場合、これを持ち続けていたいってのは起きるんですよ。
何年も何十年も何百年もいる人がいる。
これね、取りはじめるとわかる、執着の力って、念ていうかそれってすごいってのが実際にやってわかる
 今生きてる時の思い方、これが終わって初めて死後も終わるってのがわかるんです。
完全に溶ける生き方をしてるとこの後あっという間だと思いますけどね、そこが終わるまでが今生だとすると、肉体として生きているよりも長い。

M:それが終わらないと転生しない?
踏:それも聞いてみないとわからない
初期のころかなりの霊体のコンタクトをとっていた、だんだん周波数が上がっていった。浄霊もしたけど、話せばわかります。
ものすごい恨みとか憎しみにまみれてる方は聞く耳がないです、なので光を送っただけですごく攻撃してきたんです、そういうところは関わらない、そういう風なことも直観でわかりますので、

M:コントロールできるようになる?
踏:そう、運転免許をとってちゃんとルールを守っていけば、方法がわかっていけば霊体の世界とうまくコミュニケーションとれる、それを聞いてみて教わる、体感してわかる自分の方から理解していくことが大切。


この後、霊体と繋がるレッスンをした。これは私にとってはとても簡単なことで、日常的にもやっている事。
職場の薬局にも沢山いらっしゃいますし、話しかけて来ます。
先日はギャンブルで多額の借金を作って自殺した夫の霊体が奥さんの背中に張り付いていたので、奥さんに怒ってキレて当然、文句言ってやりなさい、感情開放してください、とお話しました。ご主人は申し訳なさで顔向け出来ない感じでしたので、「あんたさ、どんだけ迷惑かけたのよ!次どうするつもり?」と聞いてみました。実際体は冷えたりします。
三角頭巾をつけた幽霊さんもいれば、おどろおどろしい方もいますが、肉体を持っていない分変化しやすい、素直な方は直ぐに光に行かれます。幽霊さんなんて全然怖くない、生きてる人のがよっぽど怖いと思いますし、人の念とか執着ってのがどんな風に働くか勉強になります。

わっぽーチャネラー養成講座は不思議な場で、そこにいてとても心地よい。わからなくてもそこにいるということだけで自分の中の何かが変わって行く。確実に嫌と怖いものが減っていく、守られているのを実感できます。

先日、自分では気づいていないが直感がとても鋭い、彼女が口に出した人は必ずその日に訪れるといううちのスタッフさんに質問された。
「先生の怖いものって何ですか?」その時私は、私ってなんてこわい人なんだろう、と思いながらランチしていた、
「あたしが一番怖いの?自分」と即答。何をしでかすかわからない。知らないことだらけだ。
自分の闇を見ずに光だけ求めれば偽善者になるしかない、スピリチュアルに生きるとは、と問われれば徹底的に自分と向き合い自分の可能性を開いていく事だと思う。スピなんて定義しなくてもそういう風に生きている方は沢山いる。光だけを求めLove&hugの優しさや楽に浸りたい浮ついたスピリチュアルリズムに真実は無いと思う。まして現実逃避のためにそれをするならば、これ以上有害なことはない。踏江さんは闇は智慧の宝庫だと言う。
私の奥底をどこまでもほじくってくれる心の師の踏江さんと今生でお会いして10年、はるか遠くインドの転生では遠くから憧れる師だった。よくこんなに遠くまで来たものだ、と思う。
この10年間学んだ事は私の血となり肉となり滋養となっている。最近は滝谷(地名)の母と呼ばれたりする。。
起業すると決めた時、一番の懸案事項は白状すると「旦那のご飯どうしよう〜」だった小心者の私が覚悟を決めて腹を括ったのはそう前の事じゃない。そんなキュッと小さくなる癖がある私の背中を押し続けてくれる踏江さんに月一回は合わないと淋しくてしかたないくらい師匠のことは愛してるのだ。わっぽーチャネラー養成講座アドバンスはあと補講一回を残すのみ、その後も新潟には来てくださるとのこと。
心底よかった〜。
どーせなら今生行けるとこまで、どうぞよろしくお願いいたします。