奈落の底(備忘録)

わっぽー未来人のためのワークショップに参加後ある過去生を思い出した。
よほどの恐怖だったのだろう、断片的な記憶しかわからないが、体に残っている。
右背部に塊があるのは牛田さんに指摘されていた。
ワークショップで破壊しきれなかったブロックが浮上したようだ。

思い出したのは、男性、港に樽がたくさん置いてある、中身はおそらく麻薬のような薬草だが偽っている。
薬を密売し、多額の汚れた利益を得たようだ。札束と周りにたくさんの女性が見える。
たくさんの薬物依存者を生み出した。本人も薬中だ、狂気に落ち真っ暗闇のなかでうずくまる姿が見える。奈落の底、光は全く見えない。
その後どうなったかはよくわからない。
ー追記・その後私は殺された、元旦に受け取るメッセージや夢はいつも特別な意味がある。
今年は殺される夢を見て魘されて目が覚めた。それはこの時のものだったと解った。

薬で利益を得てはならない、そんな思い込みを持った生だった。
が、ずる賢い商魂を引き出した生だったのかもしれない。

保険薬局を開業するにあたって自分の歩みを止めるなにかがあるのは知っていた、
実際、足が痛くなったり足が上がらなくてけつまづいたりした。
そんな中で勇気を振り絞って一歩踏み出した私だが、この過去生を思い出してなぜ私が薬剤師の両親のもとに生まれ、薬剤師になり、薬剤師の夫と結婚し薬局を開業することになったのか、薬害問題に非常にインスパイア―され怒る自分、化学薬品への拒否感、代替療法への興味、すべてが腑に落ちた。
何度この職業を辞めようかと思ったかわからない、でも辞められなかった。
私は港に着いたのだ!一旦荷物を陸に上げて中身を整理し、これまでに手に入れた宝物を思い切り味わえば良いのだ‼

得体の知れない恐怖のシッポをつかんだ今、なんだかホット安堵した。
さて、これをどう料理してあげましょうか!思い切り破壊してやろうじゃないの!
私なら越えるはずだ。


わっぽー未来人のためのワークショップin長岡コンタクト集

踏江さんコンタクト


「この地の事を語るには、長い歴史のことを踏まえておかなけれないけない、長い歴史というのは人間が己の事で己の権力のための闘争をしていた時代というよりももっと前の話です。
この大地が作られるいきさつ、地球上のこのうねり、それから水になる、そのまえの状態から水というものが発生し、その水が。。。地球の歴史、地球の創世の歴史を思い浮かべ、そして大地がどんどん変化していく、この大きな海そして島国がくっついたり離れたりしながら今の状態になっていったという事をまず想像しなさい。
そして、隆起する場所または陥没する場所によりほんの些細な高さの違いで太陽の光のあたり具合がちがったり、風の動きが変わったりする。大きな目で見ないとわからない、微細な環境の変化、それが人々に影響を及ぼしています、人が大地に影響を及ぼしてしていると人は思いがちですが、もっと大きな目をもっていけばこの地にいることがこの影響を受けるという状況を理解できるようになるでしょう。
さて、あなたがたは、この場所に集っています、これからこうひきちぎられる、こうひきちぎられる時にひきちぎられる地点となっていく、、これから長い時間をかけて地形が変わっていきます、その体験をあなたがたが生きている間にするわけではありませんが、もう影響が始まっていきます。
文化の分離が今後もっと強く起きてくるでしょう、一つの国の中で意識が分散して違っていますが、それが西と東にもっとはっきりと違いが明確になっていくでしょう、それはそうならざるをえないのです、なぜならば、それぞれの個性を知ることが今後の統合に必要だからです。個である、この個性を知るのと、地域の個性を知ることは不可欠です
あなたがたはあまりにも自分がいるところを普通と思いがちです。
そうではありません、外に出てみればわかることです
ですが、中にいながらこの感覚を普通と思わないこと、この感覚はどんな感覚だろうと思うこと、それを認識してください
そうしていくと他の地に行ったとき、違いを感じやすくなります。
それによってなぜ自分がここにいるのかがわかります。
あなたの魂が長い過去性、未来性、もっと長いスパンでいま今回の人生この時期ここを選んでいる。
ということの意味もわかってきます、その意味がわかってきて今生を生きるのと普通の事としてただここにいるということで、その個性を感じずに生きるのでは全く生き方が違ってきます。自分を知る上でも今のこの大地を体感して感じることを認識していく」

以上


踏江さん口述

グーっと地形が変わるようなことが見えていて、それでありうるのが琵琶湖あたり、
あそこんところがドンと落ちる可能性があるんですよ、今後。
東日本大震災が起きましたので、いまとても微振動は続いています、
世界中で火山噴火が起こっています。
私は今、恐怖を植え付けようとは思っていません、政府はあまり出していませんが
海外のニュースを見てください、あちこちでおきています。
3.11のあと、ニュージンランドでもおきました、震度8ぐらいの余震がおきて
こっちでおこればこっちの影響があっちで出る、当たり前なんですよ
人間的不都合でオロオロせず、死ぬまで生きる。
100%死にます、これはだれひとり避けられません
死が普通なんです、ただ、自分の時間がどのくらいあるのかな-って。。。
こんなこと私スタートで言うつもりなかったですけど、
昭和の医療が発達した頃からいろんな所に神を見なくなってからか
高度文明が発達してからか、長らえることを良しとする、
元気に長生きする、穏やかに暮らす、これを良しとする。死んだらもう終わり
と言葉にする、これはおかしいです、だって全員死ぬんですよ。
ですからここの概念を切り替えていただいて、よかったなー死ねて、と
頑張って生きてきたな、満足だよなーという風な今現在を過ごすこと
で、明日死んでもいいんです、今日死んでもいい、身近に死をおいてください
死なないっていう何かの幻想を、幻想です、死を遠くしている
死なないっていうこれを改めてください、死ねていいんです。
ずーっと生きるなんて空恐ろしいです。
あーよかった死ねたなーというふうに今日この瞬間から思うようにしていただくと
神のコンタクトというものがもっとわかっていくと思います
死が当たり前の概念です。
神の愛はそこを超越していますので
人間的に死なない、うまくいく、豊かでありつづける、何も起こらない
なーんて思うのは宇宙の法則ではありません。
宇宙ははどれだけの大爆発が起きたか、どれだけの放射能か
それが宇宙です。
地球もその一部ですから大変革があって当たり前です。
もし地震がおきたら、この時、この瞬間にいられて嬉しかったと、
思えるぐらいいろんなものを楽しむ強い心を作っていただきたい。
最後にここにもってくるつもりだったんです。。。。(踏江さん絶句)
最初のプレゼント。。。これがスタートですか!お前の考えなんかいらん!(コンタクト)

このあと自己紹介がありました。


牛田さん自動書記

捕らえた魚は大きいとか小さいとか
とらわれるな つかまえられなくても
そこにあるものはある しかしそれが
なくても今のわれは大きくも小さくもなく
等身台(あえて)であれ つくるな形を
ふくらますな 我を ただの我を
しっかりとらえ その我は 真の輝きが
あると 信じ 形をつくるな
形がなければない程我を表せる
その我は今を生きるこの時を
生き抜け

人間は人間で生きるために人間で
この世界にいる
せっかくこの人間社会で生きているには
それぞれの個性が発揮される事で
この人生を送る事がこの社会で
生命体でいる事実である
しかし、この世界で何を求め何をして
生きようとも 我の個性で自分らしく
生きる それが特別で 何が意味がないかなど
判断はいらない
ただ自分らしく この世界を思いっきり
生ききって この満足を感じて
次の世界へ旅経てばよい



長岡駅(戊辰戦争時代のエネルギーが残っている場所)での自動書記

生きる雪中の先祖の知恵よ
その場は悲しく涙の世界
しかし生きる術の手応えよ
ここに生きがい 人生の楽しみ
都会の世界のせつなさよ
きびしくゆるがずひろがらず
しかし 血の跡が残る世は
我の行き方誇りなり

わっぽー踏江さん未来人ワークショップin長岡参加記

P1010143P1010140P1010141
前日の個人セッションに続き、わっぽー未来人のためのワークショップに参加しました。
天気は大荒れの予報でしたが、全くはずれ穏やかな晴れ間も見える天気でした。
千葉から自動書記の牛田富美江さん、女優でチャネラーの吉田陽子さんも参加されました。
感想をかいつまんで書きます。

スタート時に私に降りたコンタクト

「神与のこの場に集いし者たちへ
我であれ、中心の我であれ
それを広げ大いに混ぜて
くすぶるエネルギーを光に導け
我ここにあり、と自信をもって
胸をはり誇れる我であれ
そのために必要なメッセージは
ここで与えられる
それを大切に生き
真摯に取り組めば
神のエネルギーはふりそそぐ
ただそれを信じるのみだ
己を信じるのみだ」



今回のセミナーに参加する上で、
私の自己中の目的は「破壊」でした。
ばらばらになり、床によこたわりそれを広げる、
それをするつもりでワクワクしながら参加しました。

ワークの内容は
二人組でエネルギーボールを作りキャッチボールし
それをだんだん大きくしていき、
三人目がその間に入って壁の役をやります。
壁を破壊するまでエネルギーボールを強くするのです。
壁の人は絶対に壊されない、という意図を持ち
エネルギーボールを投げる人は絶対に貫通させるという意図を持ちます
ヤリもあり、爆弾もあり、細菌兵器もあり、
愛の爆弾もあり、色々です。
私は壁の役をやっている時も~楽しくて楽しくてしかたがなかったです!
もっと破壊して!もっと!でした。
口ではそう言っていながら、身体には破壊されたくない
意地のような塊がまだ残っているのがわかりました。
自覚できたので、溶けて行くのだろうと思います。

その後、ヒーリングのレクチャーを受けました。
二人の参加者が床に横になり、
手足や身体のねじれをみていき、ブロックを崩していきます。
表情や立ち姿が変わり、まるで別人のようになります。
大勢のチャネラーが総出でヒーリングします。
冗談で35万円です!などと言っていました。
踏江さんはじめ牛田さん、吉田さんは凄い!!
ブロックをさわっていると感情や言葉が浮かび上がってきます。
私もヒーリングに参加しました。

最後に自分の思いぐせについてひとりひとり語ったのですが、
「永遠に港につかない航海をしているようで、どこかにたどり着いてしまうのが
怖い、無い事に目が向いていて、今あることに目が向いていない。」
ということです。もういいんじゃない?着こうよ!と踏江さん。
上昇志向を良しとしてきた私ですが、考えてみれば悲しい性だなーと
腑に落ちました。「ちょっとスピードをゆるめて今ある事を味わい感謝し、その自分を信じきる、その上で、フェニックス調剤薬局で個人セッションを私が行う」
またてとつもなく大きな宿題をもらいました。自分を信じなければ神を信じることはできないこと。
踏江さんの個人セッションバージョンの各人へのメッセージはそれぞれに
ズボっと染み渡り何かを掴んで帰られたのではではないかと思います。

私のための牛田さん自動書記

「船が岸につきそうになると
終わりそうだと次の旅路を求める
一回荷物を陸に上げて 中身を整理してみれば
この旅でどれだけ手に入れた財産があったか
この経験を思いっきり味わって
次の旅へとまたサラにして次の経験を
新たに味わえばよし
ただ続けても 手に入れ続ける事は
前回も今回も あっても 無い事にしてしまう
あった事はあった事 また次はあるものはあるもの
求めて大事にすれば 豊かな
魂が大きく育つ」



いつもながら、凄いワークです。必ず大きなプレゼントがあります。
参加して本当によかった!、2/11両国のセミナーにも参加します。
ワクワクです~踏江先生、千葉の皆様よろしくお願いいたします!

デカダンスの意味を知る

先日、調剤中に聞こえた一言メッセージ「デカダンス」その意味するところを
今日知った、というよりやはり、と確認した。

今日閉店後、わっぽ ー踏江さんの個人セッションを久しぶりに受けた。
その脇に置いてあったのは、偶然にもアメリカ人ミディアム(霊媒)のレベッカローゼンの著書
「スピリテッド」
昨日私も読み終わったばかりの本だ。
彼女はパーソナルなレベルでクライアントの身近な存在の魂と繋がることで
クライアントを癒している。そのメッセージの正確さには定評があるようだ。
ミディアムの端くれの私も、恐山でバイト出来ると思うが、この本を読んで思ったことは
私が今後しなければならないことは、パーソナルレベルというよりもっと高次の存在とつながり真実を伝えることなのだろうということだ。

怒涛のような運命の本流に流され今立たされているファルマフェニックスの社長であり店主というここで、今感じるのは何かの意図が働きこの会社を運営している、あきらかに私だけではない。
私はここにいて意図を具現化する手足でしかない、何かが起これば必ずサポートが入る。
人事も私の意図だけではない、何かが働く、ここに居られる人しか採用されない。
今日、踏江さんのヒーリングを受けながら、踏江さんが受け取った言葉は「破壊」
つまり「デカダンス」だ。
破壊しなければならないのは、私の自意識だと知っていたが、それを改めて確認した。
私の、私が、という自意識が神の意図を邪魔する。正直わかっていても不安になる。
いかにここで安心していられるか、が目下の私の課題だ、
この5ヶ月で学んだ事は、お金は溜め込めば溜め込むほど苦しくなるということ。
人や物を動かす循環を生むような使い方をしなければ滞り停滞するエネルギーを生む。

サイキックスポンジの私が精神科の患者さんと日々対峙するのはきつい仕事だ。
2月からは毎月踏江さんにフェニックス調剤薬局にお越しいただき、私も含めスタッフの
スピリチュアルサポートをしていただくことになった。
この壮大なプロジェクトにスタート時点から関わっていた踏江さんがいよいよ
その本領を発揮することになる。診療所も薬局も変わっていくだろう。
月1回月曜日の午後は個人セッションも受け付けます。
今後の日程は後日UPいたします。

Happy Birthday Phoenix!

起業して一年が経ちました。
今日は株式会社ファルマフェニックスの1歳の誕生日
法人格という言葉があるくらいだから
会社も生き物、まだひな鳥ですが、
大きく羽ばたく鳥であって欲しいと思います。
それも最高責任者の私のあり方次第、
トップのあり方が末端まで浸透するのが会社という
組織ではないかな、と考えます。

数年前のお正月にフェニキア人、ヒッタイト人について
メッセージが降りてきたのですが、
フェニキアの語源はフェニックスだと踏江師匠から
聞きました、なんでも商売が上手だとか。
フェニックスという名前はもう上(神様)が決めていたのだと
思います。
そして私のDNAにはどうやら商魂逞しい資質があるように
思います。
商談や特に駆け引きは上からのサポートがかなり入るし、我ながら
上手い??なんて思ったりします。
以前メッセージで先祖の本当の供養というのは先人の素晴らしい資質を
自己の内に発見し、それを生きることだ、と言われた事が
ありますが、私にもし商才があるとしたらご先祖様のおかげ、
という事なのかもしれません。
新潟に嫁に来て千葉の実家の薬局を潰してしまいましたので
薬剤師の両親も喜んでくれています。
親孝行と先祖の供養ができたなら、とても嬉しいと思います。

大きくなって大空を羽ばたく姿を早く見たいです
Happy Birthday Phoenix!!

Who Phoenix isーDestiny Card Reading

Your Birth Card – The Jack of Diamonds
The Financially Creative Card

This is the salesman’s card. These people are sharp, clever and always able to make a good living using their wit and charm. They are very independent and creative, and operate as much on their instincts as they do on their quick minds. They can always get along and do well in life by virtue of their inherited financial expertise. Few heed the call of their highest ideals and become the King that stands close to them. Their natural psychic ability can lead them to direct spiritual realization but all Jacks are fixed in their minds and often this prevents them from exploring that which is one of their greatest gifts. All Jacks can be immature and crafty, due to their vast creativity and they usually mean well even when they are not able to come through on their promises. They love to be social and they are the best salespeople in the zodiac. They must find a career that gives them an outlet for their creativity and recognition of their superior talents. The United States is a Jack of Diamonds (July 4th)
へ〜ビツクリ!そして、、やっぱり?
Phoenix Birthday Cake
Birthday Cake お取り寄せスイーツ、いつ届くかわからないオーダーだったけど、ちゃんと今日届きました。