ざけんじゃないわよ!

保険薬局業界は生き馬の目を抜く世界だから、、
前勤めていた会社の社長には何度も聞かされてきた。
それをうっすら感じることは何度かあった
今日はそれを肌で実感することが起きた!

私の反応は ざけんじゃないわよ!
なんだか知らないけど、湧き上がる底力を感じた。
それこそ、Guts、腹の底からぐーっと上がってくる。
変な話、子供をこの世に送り出した時にも感じた
どこから湧くの?という自分の強さ。図太さ、それと同じ種類のエネルギー。
疲労困憊状態だったけど、それも吹き飛んだ‼

ざけんじゃない!のあと、すぐに動いた。ピシピシと手を打つ。
こんな事でビビってたら経営者なんてやってらんない!

後で振り返ると、私って怖い?
御目出度いだけだったりして。。。
でも女って基本的に強くできてるのかもねーなんて思った日だった。
おかげでまたなーるほど、と一つ勉強しました。

久々の実家

久しぶりに千葉の実家に帰りました。
目の前には柏レイソルのホームグラウンドがある巨大な県立公園があるので母と一緒にまったりお散歩しました。父は腰が痛くてお留守番。この公園、桜の季節は見事です。
新潟は冬は曇天ですが、柏はいいお天気で気持ち良くて幸せ〜
P1010166P1010172P1010167P1010170
夜は娘も下宿から来てみんなで一緒にディナーに行きました
両親にご馳走したのは人生初、という親不孝な娘でしたが、父も母もなんだか嬉しそう。
ちょっと親孝行できたかなー

Guts

Gut=腸
人間の免疫は腸が司る?そうかも、という事を実感した。
明治のR1という赤いパッケージのヨーグルトを学校給食で毎日メニューに入れたらその周辺の学校はインフルエンザでメタメタだったが、その学校からは一人もインフルエンザに罹った子はいなかったという話しを聞き、早速スーパーに行ったら普通に並んでいたので買ってきた。
新潟ではまだ大人買いできる、千葉の実家近くのスーパーではお一人様一個まで、でビツクリ。

食べた翌朝起きぬけに腸がしゃべった「負けてたまるか!」
へ〜〜だった。
だからガッツ!っていうのか〜〜実感。
体は部分部分でいろんな事をしゃべる。全部ばらばらで違うことを言う。
足は前に進みたくないというし、あっちもこっちも。。。。。
潜在意識に顕在意識、過去世、現世、未来世、ボディ、マインド、スピリット、ソウル、
細胞は何億?それぞれが多分それぞれの意図を持っているんだろうなーと思うと、
人間ってこれだけのものを持っていながらバラバラにならずに日常生活を規則正しく送れるというだけで奇跡じゃないかと思ったりする。
統合失調症の発症頻度は1%くらいだそうだけど、何かのタガが外れているだけなのかもしれない、と思う。

腸の話、風邪をひいて寝込んだ最後の記憶は17歳というと大抵の人に驚かれるが、確かに胃腸は丈夫。何より体力勝負な今、丈夫に産んでくれた両親、特に母のおかげとしみじみ感謝する。80近い母は足腰は丈夫、骨太、私の太い足は母譲り、歩くスピードは私より早い、パソコンの知識は私よりある。時々Excelの使い方なんか教えてもらったりした。新し物好きでタブレットはいったいいつ使うの??だけど2つ持っている。母親ながら頭のいい人だと思う、あんまりいないおばあちゃんかも。
結婚した時、「月に一回くらい東京に遊びに来れるくらいになりなさい」と言われたのを思い出す、それは叶ったかも。お母さんみたいに年をとりたいですよ、私。

土地のエネルギー(ちっちゃい話ですが)

うちの薬局は猫の額ほどの広さの土地の上に立っていますが、
なんと6筆にも分かれていました。行政書士さんにも土地家屋調査士さんにも合筆した方がいいですよと勧められていましたが、薬局の許認可申請手続きを急いだので時間がなくてそのまま放っておきました。
でもなんだかやっぱりバラバラ、ビミョーな差ですが、高いところと低いところ、
明るいところと暗いところ、境界線があったりなんか気になるよな〜と思っていました。
業務も落ち着いてきたので、つい最近合筆し地番が一つになりました。

以前より居心地は良くなった感じですし、まとまった感じ。チャネリングの声も
良く聞こえる感じがします。気のせいかもしれないですが、、

今朝も神棚に向かったら朝一番のご挨拶をいただきました。
「薬局に光の塔を立てるのよ!あなたがそれになるの!」と、スピリチュアルカウンセラーの踏江師匠曰く、これだけ聞くと怪しい会話ですが、要は、患者さんから貰ってしまう負のエネルギーを浄化して診療所に光を返せるくらいにパワーアップするのよ、という事だと思います。
準備万端OK、強力なテコ入れをよろしくお願いいたします。

癒しのMUSIC

薬局の隣の診療所ではDr.がお二人で診療している。
精神科医と内科医。
内科のDr.は漢方にも造詣が深いフランス帰りのホメオパシー医。
この先生、臨床現場では一度もお目にかかったことがない東大卒。
天才的な頭脳明晰さなのだろうけど、とてもフレンドリーな方だ。患者さんにも人気がある。
ご自分のしたい事しかしないのだろう、最も興味があるのは数学。数学はアートだそうだ。できるなら数学でご飯を食べたかったとのこと。ピタゴラスの定理の奥深さを語っておられた。
今でも有名な数学者に数学を習っているという。

この先生の弾く100万円のーバイオリンと比べたら全然安いよ、とのこと、確かにそうかもー10弦ギターの音色は鳥肌ものの癒しの音楽だ。
夕方薬局にギターを持って来られ、何曲かクラシックなどを弾いてくださった。
音がクラウンチャクラからどーッと入って来て心が洗われる。本当にスゴイ。
診療所でも朝診療前やデイケアの患者さんのために弾いているそうだ。
この先生のギターの師匠はこれまた世界的に有名なギタリストだそうで、CDは出さない、ライブでしか聴けないそうだ。
年に一度新潟でライブがあるとのこと、去年は忙しくて行けなかったけど
今年は絶対に行こうと思った。
先生、また薬局でライブお願いします!