全人的医療と鍼灸講演会にお招きいただきました

東洋はり医学会主催、新潟日報社後援の「全人的医療と鍼灸」講演会にお招きいただき、来賓の挨拶をさせていただきました。
この日は新潟県女性薬剤師会の講演会があり、座長を仰せつかっていましたが、それを断り楽しみに参加しました。
挨拶で10分しゃべってと言われ、スライドも無しに何を言おうか考えましたが、もう本音で行くしかできませんので、薬剤師としてはかなりの異端児のぶっちゃけトークでした。

薬剤師になって30年、ずっと現場で働いてきたが、実は薬は大嫌い、近代西洋医学は勿論必要だけれど、身体を臓器、組織、細胞、タンパク質、DNA、さらに分子、量子と要素に分解し健康や疾病を理解しようとする還元主義的思考には違和感を覚える。
葛藤し悩み続け、鍼灸師の学校に行き直そうかと思ったが、西洋医学のど真ん中にいておかしいぞ、これは、と言った方が説得力あるよね、というのが私を薬剤師という職業にとどまらせた大きな理由であること。
医薬品評価に関わり、理論武装してドクターと医薬品の採否で戦ってきたことや、日本の薬害は人災であること、骨抜きな厚労省、外圧に屈する日本政府、薬害イレッサの真実。薬学生は薬害についてまともな講義を受けていないこと。

NASAで働いていた科学者のバーバラ・ブレナンの本を読んで、人間はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在であり、目に見えないエネルギーで生かされていることを知った、ブレナン氏はスピリットガイドからメッセージを貰いオーラやチャクラの治療をしている話。
インドを旅し、バーバラ・ブレナンの講演会に行き、そして、先生についてチャネリングを学び、叔父と対話した話。「本当の先祖の供養とは線香をあげて拝むことではない、自らのDNAに刻まれたまだ知らぬ先人の素晴らしい資質を自己の内に見出し、可能性を開き生きることだ」、とメッセージを受け取ったこと。

代替医療のバッチフラワーレメディーを学び、ホメオパシーの認定薬剤師になり、独立開業した薬局ではカウンター越しに患者さんの守護霊からのメッセージを伝えている事実。
会社を経営する上で最も大切にしているのは直感とチャネリングメッセージ、そしてチャネリングは誰でも持っている能力。今後力を入れて行きたい自己解放のアートセラピーHeart Window Artのお話。師匠の踏江さんの話は勿論!これでもか、のスピ三昧な話にドン引きされると思いきや、さすが鍼灸師さんたちは見えないエネルギーを扱っておられるだけあって、皆さん私の拙い話を熱心に聞いて下さいました。

メインの講演は医学博士で鍼灸師の渡邉真弓先生の「自分の体は自分で守る、病院に行かずにすむ明るく楽しい健康生活」でしたが、ここでもぶっちゃけトークでとても楽しかったです。
講演のあと、ツボのとりかたや養生のお話があり、女性薬剤師会なんか行かないでこっちに来てよかったーと思いました。

終了後、何人もの鍼灸師さんに声をかけていただき、名称交換し、バシャールを読んだという方も数名いらっしゃいました。霊障で困っている方には是非薬局にお越しください、とお話させていただきました。

医療はこれだけ分解したら、あとは統合に向かうしか無いんじゃないの?と私は思います。鍼灸師さんたちの益々のご活躍と東洋はり医学会の益々のご発展をお祈りしております。
お招きいただきありがとうございました!とても楽しかったです(^^)

当店が雑誌に掲載されました

雑誌TOPFORUMの10月号に当店が掲載されました。
薬剤師の業界誌以外に載るのは初めてです。
ここに書かれているのは私のはじめの意図、宇宙へのコミットメントです。
Heart Window Artの作品も載っています。
初心に帰る時何年経っても開いて見るのだろうな、と思います。
imageimage

わっぽー野外セミナー弥彦神社・馬高縄文館&未来人ワークショップに参加しました

わっぽー踏江さんの野外セミナー&未来人ワークショプに参加しました。
千葉から踏江さん含め4名の方々に新潟にお越しいただきました。
先生のチャネリングメッセージはこちら。

いつもながら、踏江さんとわっぽーチャネラーの牛田さんの巨大なチャネラーお二人が揃うととんでもない次元に連れて行ってくださいます。「今を思いっきり生きる」「真剣勝負・明日死んでも我が人生に悔いなし」と言えるあり方をまた見せていただきました。
天地が逆転し、価値観が180度変わるような脳天パンチ、いや脳を激震が襲ったようなセミナーでした。なぜかレディー・ガガのモンスターがずっと聞こえ続けました。

チャネリングメッセージは踏江さん、牛田さんに弥彦に行った1日目深夜まで降り続け、2日目何度も行った馬高縄文館の土器の見え方が以前と全く違っていました。

自己中に振り返ると、今回の私のテーマはミクロとマクロを同時に置く、ということと、逆さまにして観る。という事です。
セミナーレポートは膨大すぎて、濃すぎて、私が文字に表してしまうのは躊躇しますので、一部分を切り取った感想を書く事しかできません。
弥彦神社と奥の院は去年の8月薬局開業前にお参りしましたが、また訪れ、改めてここは聖地だな、と思いました。階段を下り、鳥居近くにきた時、急に体が重くなり、下界に降りた、という感じがしました。
一年前の御札をおさめ、新しい御札をいただいて来ました。
階段を登りやっとついた奥の院では絶妙なタイミングで太陽が現れ、手の平を合わせてお椀のようにするとプレゼントをいただける、ということで差し出したところメッセージを受け取りました。太陽の写真を見ると全部に脇に小さな点が写っています。
奥の院からの越後平野の眺めはとても美しく、視覚が変化していたのか、木の葉一枚一枚がはっきりと見えるような感じでした。
image
imageimage

















弥彦と佐渡を一直線にした地点の海岸でのワークもありました
imageimageimageimageyahiko


























































二日目の馬高縄文館では期間限定の水煙文土器が展示されていました。長野と東京の博物館以外では展示されたことがなかったの水煙文土器を見ることが出来たのは超ラッキーでした。水煙文土器は中部地方を中心に広がる勝坂式土器様式の終末(井戸尻式)にあらわれ、火焔土器に匹敵する立体的な意匠が特徴とのことです。 火焔土器とは違う、これまた強烈なエネルギーを放っていました。
image
imageimageワーク二日目で視覚が大分変化していたのでしょう、土器の見え方が今までと違っていました。エネルギーの色、形、うねり方がはっきりとわかる、そんな感じでした。紫色のボワーっとした丸く盛り上がったもの、赤く螺旋状に立ち上るもの、黄色い渦をまいて登らずに回転しているもの。それぞれが個性的です。
「馬高には今まで隠されていた秘密の暗号がある」、とのこと、又、「第三の目の奥が開く」とのメッセージもありました。
凄いもの、崇める対象だったと思われる馬高のビーナスを逆さまにして、その上でもう一度土器を見て!と踏江さん。
逆転することで後付の価値観や概念を振り落として観る、ということです。
そうしてもう一度見ると全然違うのです。そのものの本質にもっと近づけるという事なのでしょう。
土器の放っているエネルギーの強さや大きさはより小さく見え、そのかわり用途や作り手の人となりが伝わってくるような感じでした。
これは薬草を入れていた、これは豆用、水瓶、とか湿度を保つ形、これは便器?
この方は緻密、この方はちょっと自信がない?
本当にそうかは確かめようがありませんが、私の感じたままを表現するとそうなります。

その後、長岡フェニックス大手まちキャンでの未来人ワークショップでの究極のメッセージは。
「魂の消滅」「宇宙は無い」???
今まで体験した事がない価値観の変換を迫られたセミナーだったことは確かです、今後も無意識下で変化は続くでしょう。以上、雑駁な感想文にすぎませんが、レポートいたします。

弥彦神社で頂いたお札を薬局の神棚に納めました。
三社祀りの神棚ですが、この一年は地元の氏神様と弥彦神社、成田山に行こうと思っていたが叶わず二社でしたが、絶妙なタイミングで娘がアルバイト先の社員旅行で香川県の琴平神社を訪れ、「お母さんのために石段を登った」とお札とお守りを頂いてきたのです。叔父さん叔母さんに混じってよく行ったな、と思いましたが、「楽しかった!」と。娘の成長を感じ、とても嬉しかったです。三社揃い会社は第三期目に入りました。
image
来月から当店フェニックス調剤薬局でわっぽー縄文式チャネラー養成講座アドバンスコースがはじまります。このワークショップは到底今消化できる内容ではありませんでしたが、月に一度神のメッセージを降ろす場の主になるための準備だったのでしょう。苦は成長の種、そして宝。これぞわっぽー式、いや、縄文式。やるっきゃないです。
踏江先生、千葉から参加された皆様、新潟のわっぽーメンバーの方々、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

9/6 Heart Window Art教室参加記

9/6に新潟市でわっぽー踏江みつ子さんのHeart Window Art教室がありました。
夜の部に当店の隣の診療所の院長先生も参加されました。
前日の外来数は100人を越え、警察沙汰も、「はじめて徒労感を感じた」と。
はじめてですか?と改めてその超人ぶりに驚きましたが、
泥沼や修羅場にいる方達の訴えを毎日何十人分も聞き続ける事は想像を絶します。
前日の仕事プラス決算報告など諸々で私もかなりへばった状態でHeart Window Art教室に参加しました。
部屋に入るなり踏江さんに「疲れてるねー」と言われ、よほどひどい顔をしていたのでしょう。
絵も見るとくたびれるようなものを描いていました。
聞こえたのが「ウイテップゾール」これは坐剤の基剤なのですが、
「下す絵だね」と踏江さん、「次行こう!」とスイッチを切り替え何枚か描きました。
やっと乗って来た!と思った頃に終了となりました。
image
はじめて参加された小学校三年生の少女は始めから強いエネルギーの絵を描いていて、私も元気を貰いました。一緒に写真を撮らせてもらいました。Sちゃんありがとう!
なんだか絵が似ています。毎回ですが私の絵は誰かの絵とシンクロします。
image











Dr.も一緒に記念撮影
image











この先生の内側にある世界は広大ですが、実はどんな絵を描かれるのか興味津々でした。
何枚か描かれましたが、最後から二番目の絵は中心がずれた円がいくつも描かれていて相互に関連しあっている全体は調和している絵でした。最後の作品はもっと自由になり、奥行きのある見ていて心地よい作品でした。
曰く、このアートワークは枠を外して行くように作用するが、精神疾患の中には一定の枠を作っておかないと不安定になる疾患もあるので、向き不向きがある、ただし、このアートワークにどう反応するかで疾病診断の一助になる。また、うつ病や発達障害、ひきこもりの方には向いているのでは、とのことでした。

毎回参加者の皆さんの絵を鑑賞するのも楽しみです。
現わされるのはその人自身、とても面白いです。
最近読んだ統合失調症を公表している80過ぎの今でも現役バリバリで活躍されているアーチスト草間彌生さんの自伝にあった初期の作品はHeart Window Artだと私には思えました。強烈なエネルギーを放つ作品を生み出し続ける原動力はサイコソマティックな病態の根元にある恐怖だと語っておられますが、あえて枠を崩し続け、表現し続ける事で恐怖を乗り越えて来られたのでしょう。

この日は本当にぐったりでしたが、深〜い眠りから目覚めたあとは爽やかでした。
踏江先生、参加された皆様、ありがとうございました。

来月からはフェニックス調剤薬局の二階のセミナールームでわっぽー踏江先生の縄文式チャネラー養成講座アドバンスコースが毎月開かれます。チャネラーとして、そして人として、さらなる飛躍を目指していきたいと思っております。