新潟日報メディアシップ「ギャラリーえん」で

今日の午前中、ギャラリーえんに行きました。体は疲れていてズタボロですが、心は弾んで元気です。
そうしたら丁度よろクリのホメオパシーDr.がいらっしゃり、一緒にお茶しました。
カフェオレなのに、葉っぱのような模様があって可愛かったです。思わず写メを撮りました。
image
ギャラリーえん八木Drと
image
image
 

 

 

 

 

 

 

 
午後からはギラギラのネックレスを外し、学会で近くのホテルにいたら、踏江さんからのメールでギャラリーえんの写真を撮ってと。
中休みに席だけ確保し、写真を撮りにまたギャラリーえんに。10分で学会に戻ったら、是非お会いしたいと思っていた方が確保していた席の隣に座っておられてまたビックリ。
終了後またギャラリーえんの喫茶店で奥様もご一緒しました。
展覧会を見ていただき、色んなことやってるんだね〜、と。奥様は砂丘館は以前よく行きましたとのことでした。
今日はえんの喫茶店シャモニーさんの本格派コーヒーを4杯も飲みました!でも何だか面白い1日でした。
いよいよ展覧会は明日までです、搬出は行けませんが、薬局で待機です。
展覧会初体験、楽しかったですー〜。ってまだ終わってません。最後の搬出気を引き締めてよろしくお願いしますm(_ _)m

11/22Heart Window Art展at砂丘館にて

土曜日の11/22(土)はHeart Window Art展・砂丘館蔵は3日目です、
この日はいい夫婦の日だと後で知ったのですが、デパートで「今日のパーティー用にネックレスを買ってあげるよ」と。
急に言われてびっくりしましたが、夫からのプレゼントのネックレスをして砂丘館につきました。

午後から砂丘館の和室でイタリア人の方のjazzコンサートがあり、夫と一緒に聴きました。軽いノリの心地よいjazzです。
中休みに赤ワインと焼き栗付きです。ヨーロッパでは焼いた栗をお菓子として食するのはごく当たり前とのことでした。
熱々の焼いた栗の殻をむいてはちみつをつけていただくのですが、ワインに合うのです。
しばしゆったりとした時間をすごしました。

コンサートの前にギタリストのイタリア人Fabio BottazzoさんとドラマーのSebastian Capteinさんも展覧会に来てくださいました!

展覧会場に入るとなんとも心地よい空間です、小さいお子さんなど寝転がって気持ちよさそうにしています。
DSCN0448DSCN0536DSCN0505












この日、私にとって先ほどの焼き栗を提供した栗農家の方との出会いがとても嬉しかったのです。
なんでも、スペインから帰ってきて4日目、とのこと。栗を求めて世界中を旅し美術が好きなので色々な絵を見ているとのこと。展覧会場で「ちょっと待ってください!もう少しお話させてください」と小一時間その方と話をしていたでしょうか。。
曰く「あなた方の絵は自分の内側と対話して描いていると思うが、普通内面を見つめるのは怖くて仕方がないけど、どうして絵に怖さが無いのかが不思議、どうしてなんでしょう?」
との問いに「奥底を見つめてあえて蓋をあけてそれがあることを認め壊して越えるからです」と答えたら
「それは先生がすごい方なのですね」とのことでした。ほんのわずかの時間でそこまで核心を掴めるのは農業で大地や天候や農作物と対話されているからなのだろうな、と想像しました。「スペインでそういうのいっぱい見てきたもん」とも仰っていました。

私の絵をご覧になって「こういう黄色は普通の日本人には出せない色だ、クリムトだね」とのことでしたが、美術でも方向音痴な私にはそのクリムトがわかりません、でも別の方からもクリムトですね、と。
また自分のクレイジーさを言われたような気がして(自分のクレイジーさは好きなんですよ)、栗農家の方に言ったら「クレイジーと言われるのは最大の褒め言葉だよ」なーるほど。。またなんだか嬉しくなりました。
この方とはもっとお話をしたかったです。
何かを突き詰めて極めた方達にはとても惹かれます。


夜は内輪で開催記念パーティーがありました、薬局のとなりのクリニックのドクターお二人とデイケアの方々、わっぽー新潟のメンバー、わっぽー千葉の方もお着物で展覧会にお越しいただきました。
ささえ愛よろずクリニックの院長先生にご挨拶をいただき、内科・漢方ホメオパシーDrの心を洗われるような魂に響く10弦ギターの音色を聞き、飲んで食べて語り楽しい時間を過ごしました。

踏江さんと私と院長となぜか三人とも参加した8年前の2006年11/25-26日に長岡で開催された人体科学会ー代替療法の今ーの懇親会で先生が語った(誇大)妄想「地域に密着した統合医療診療所を作る」が今の職員50人を抱えたクリニックの形の大元ですが、
私の「その時、先生の中にはある思いがあったのですよね?」との問いに
Drは「じぇんじぇん、何にもなかった、口からでまかせ」
私も踏江さんも「はい????」

このクリニックも薬局も神のある意図で作られた形なのだ、そして、この先生も言霊が通る、おそらくチャネラーなのだと確信した次第です。最後に長岡のわかさ鍼灸整骨院院長の若狭さんがチャネリングメッセージを降ろし、一本締めで終わりました。
本当に幸せな一日でした、感謝感激です。

DSCN0459DSCN0490



















家に帰ったら夫がFabioさんのCD買ってきたよ、と。
そのタイトルを見て笑ってしまいました
「偶然ではない、必然」という意味のタイトルでした。
神様ってこうやってメッセージをくださるのねー、とまた幸せな気持ちになりました。今日は生涯忘れられない奇跡の1日になりました。

Heart Window Art展at砂丘館 ・蔵 本日から開催しています

今日からHeart Window Art展が砂丘館で開催されています。

仕事を抜けられずに搬入など参加できませんでしたが、心は展覧会場にありました。

わっぽー新潟のメンバーが送ってくださった写真を見て、おー‼️

私の作品、目立つところにあるー。正面右から3点です。
image

 









クリニックのデイケアの皆さんが早速行かれたそうで、帰ってきた時の出展者のお一人が本当に晴れやかなお顔をされていて、「あー、良かったー〜〜」と心底思いました。

展覧会のサポートが出来て、私の夢だった「代替療法も提供できる薬局」にもっともっとなっていくのだな、と思い、苦労も多かったけど、本当に頑張ってきてよかった。嬉しい(泣)‼️早く行きたいですー。

image<
image

Happy Birthday Darling

今日は奇しくも砂丘館でのHeart Window Art展初日。
お誕生日おめでとう。
この一年間は学会を立ち上げたり本当に忙しく全国を飛び回っていましたね。
今年は福岡、来年は新潟開催、800人規模は事務局大変そうね。
お土産話もいっぱい聞かせてくれました、旅上手はさすがです。
学会のわずかの空いた時間で現地を堪能していますものね。
山登りもよく行きましたよね、
御嶽山が噴火した時、行っていたかも知れなかった、と思い、
天災そして人災も他人事ではないな、と思いました。
この一年間のlong range cardは♡6
仕事仕事から少しスピード緩める年かも。お互いに老いていきますから。
プレゼントは月並みですが、以前から挑戦してみたかったという光沢のある無地のグリーンのネクタイです。気に入ってくれるかな。

Heart of Six The Peacemaker Card
The Six of Hearts is a powerful influence of balance and peace in personal relationships. How it affects you will largely depend upon your current status in your love life and how responsible you have been in that area. This card will demand that all outstanding love debts be settled and will encourage you to take responsibility for your actions and words in your closest relationships. You may find that you have to make compromises and adjustments to accomplish this as well.

On a more universal level, the Six of Hearts may also reveal to you a special purpose in your life, one of helping others by sharing love with them. You may become aware of a special mission that you are to perform when this card appears. It is the card of peace and of intuitively knowing how to love others in a spiritual sense.

This is a Long Range Card which is considered to be one of the most important influences of the year- a place where a lot of your attention will go.

Heart Window Art展はイタリアン?

去年6月に只今妄想中という日記を書きました、Heart Window Artについて見たヴィジョンについてです。当時は波動絵というネーミングでした。

となりのクリニックと薬局合同の飲み会で、「一人づつ今描いているヴィジョンを語ってください」と言われ、Drの隣のお誕生日席で

「デイケアの患者さん向けにわっぽーチャネラーの踏江さんの絵の教室を開き、彼等が描いた絵をイタリアに持っていき展覧会をやります!、それは来年です」と口が喋ったのです。2013年6月15日、まだ絵の教室が始まる前の事です。

展覧会でブルーの洋服を着て、花柄のスカーフを巻いたわっぽーチャネラーの踏江さんの姿も見ていました。初展覧会は新潟開催、デイケアの方達の作品も出展されます。踏江さんの着る予定の洋服の色はブルーとお花のブローチだそうです!ちょっとmodifyされてますが、先読みしてたんだなーと思っていましたが、んーいったいイタリアはどこへ〜〜?と思っていました。。

ところが、展覧会場の砂丘館で同じ日にイタリアのjazzミュージシャンの方のコンサートがあるらしい、とサイトで知りました。
image もしかしたらイタリア人の方たちも展覧会見に来られる⁉︎
そして、開催記念パーティーも砂丘館すぐ近くのおしゃれなイタリアン‼︎
チャネったイタリアは大外れではなかったかもf^_^;)と思っておりました。
そうしたら、なんと通っているジムに貼ってもらったHeart Window Art展のチラシの脇にこのコンサートのチラシが貼ってあるではないですか!

思わず、先生に「なんでこれがここにあるんですか?」と聞いてしまいました、なんとギタリストのファビオさんはジムの先生のお知り合いだというのです。  凄ーい!先生がファビオさんとご縁をつなげてくださることになりました。これぞ神業と思いました。ファビオさんのコンサートに行きたいです。

 

私も、師匠の踏江さんも、この日の展覧会開催記念パーティーにどうも海外の方がいるらしいヴィジョンが見えていたのです。お会いしたこともない方ですが、なんだかとてもご縁を感じております。当日どんな展開が待っているのか超楽しみです。
去年のヴィジョン〇デイケアの方の絵を持ってイタリアで展覧会を開く→は〇デイケアの方の絵を展覧会に出展し、そこにイタリアの方が来られる、になりそうです。

踏江さんは「チャネラーの妄想は未来の先読みよ!」と仰ってますが、最近、踏江さんが英語で紹介されているビジョンを見ました。海外のメディアでHeart Window Artが紹介されるのです。わ―思いきり妄想を膨らませよう、と思いました。「Today’s  guest is Miss Mitsuko Fumie, the executive producer of Heart Window Art」と女性キャスターの通る声、そのあと静かな拍手がざーっと。

先日のチャネリングメッセージで「You are jumping and flying to the world」と言われたばかり。

きっとこれも、現実になっていくのでしょう。

チャネリングしながら生きるってとっても楽しいです~~