塩もみ

って言っても、漬物ではありません、

今はまってるのが、塩で体をマッサージする塩もみ。

サロンで全身施術もオススメですが(アロママッサージと塩もみなら、迷わず塩です)

自宅でも簡単に出来ます、足の塩もみは毎週やってるかな、

あったまるし、浄化作用もあるんだと思います。皮膚に異常のある方はしないでください。

用意するもの・足だけ、リビングでする場合
粗塩カップ半分くらい
レジャーシート
新聞紙
タオル
ハンドクリーム
ホウキとチリトリ

やり方は簡単です、
レジャーシートの上に新聞をしき、施術する方でない足は冷えないようにしてください
カップに塩を入れ、少しのお湯で湿らせて、足につけてマッサージします、
できればリンパの流れにそってやるといいと思います。
私は結構力を入れて揉みますが(サロンでもグイグイです)そこはお好みで

終わったら塩を払い、蒸しタオルで拭き取ります。
ハンドクリームでいいので保湿を忘れずに。
私はヒーリングミュージックをかけて部屋の照明を落としています。

後始末は、新聞紙に使用済みの塩を集め、ゴミ箱にポイ、
周りに散らばった塩は掃除機で吸うより、ホウキとチリトリをオススメします。

この後、お気に入りの入浴剤でゆったりお風呂に入るのもいいリラクゼーションメニューです
照明けして、アロマキャンドルとバスピローでゆったりなんていいでしょ?
お家でできる癒しメニュー、お試しあれ^_^

ご縁は育てるもの

先日、薬剤師の学会で薬物間相互作用(薬同士の飲み合わせ)や、
食べ物と薬の飲み合わせについての研究の第一人者の先生の講演を久しぶりに聴いた。
薬剤師でこの先生を知らなかったらもぐり、ぐらい有名な方だ。

最後に質問をさせて頂いたら、名刺交換することになり、
神!と思ってたこともあったので、なんだか嬉しかった。

何故 神 と思っていたかというと、
薬物間相互作用や薬と食べ物の相互作用により
治療を求めて来た病気の患者さんに重大な被害を与えてしまう
という最もあってはならない事を防ぐために尽力されているからだ。

私も薬科大の教員だった頃は、本物そっくりのデモの処方箋を
作り、患者背景を提示してグループワークで学生に処方箋の
問題点をディスカッションさせる、という授業をやっていたし、
一番エネルギーを注いでいたつもりだ。
特に被害が起きると命に関わるような薬について沢山取り上げ、
その頃は先生の本を良く読んでリスクマネジメントについて勉強した。

患者さんで、薬剤師が処方箋を読んで疑義があれば医師に問い合わせ
処方に介入することがある事を知っている方は多くはないと思っているが、
多分に薬剤師側のアピール不足で、そういう事が下手な人が多いのかもしれないと思う。
そういう点でもこの先生は薬剤師の職能をエネルギッシュに見える化していてl凄い。

今朝はびっくりした事に、薬局にこの先生からお電話を頂いた。
そして、研究を一緒にしませんか、というお話を頂いた。
とても気さくな方で人との間に垣根を作らない方なのだな、と感じた。
何度も言うが、物凄いパワフルで、人との縁が繋がる方なのだと思うが、
今日とても感じたのは、私のようにたった一度会ったきりの薬剤師に
とても丁寧にご自分の意図を説明し、提案をし、私の意向や職場のハード面
ソフト面の環境も考えておられるのがわかり、天才でパワフルなだけでなく、
とても現実的に丁寧に物事に当たっておられる方だ、という事に感激した。
それが、今の現実を作っている元なんだな、とつくづく。
ご縁は動く事で繋がるが、ただ繋がればいいわけではなく、大事に育てるもの、と改めて思わされた。
いい経験をした日だったな。

ちょっと外に出てみたら

先日薬局は4周年を迎え、今日決算の作業が全部終わり一区切り。はー、自分にお疲れ様❗️
このところ心境の変化があり、自分でもおかしいと思うくらいハイテンションで出かけまくっている

4年間は篭っていた感じで学会とかあまり外に出る気がしなかったのは、多分巣作りしてたからだろう振り返る。
必死で良くは覚えていないけど、が正直なところ。
ようやっと出てみようか、と思えるようになった。

はじめての英会話教室に通い始めたが、入校の理由の第1番目に期せずして「To meet new people」と書いていた。
ほとんどプライベートレッスンに近い二人クラスで出会った女性のセールスマンはチャーミングな方、
27歳の息子と同い年のアメリカ人の先生の経歴もこれがまた面白い!

今まで馴染みすぎていた薬剤師の世界って狭い。両親ともに、しかも夫も同業と来ているし。元々が視野狭窄で人参をぶら下げられた馬みたいな人だから、とても近視眼的、興味を持てる事が少なかった。
もっと外の空気を吸ってみたい!と思ったんだからもっと出てみよう。いつも同じメンツの薬剤師会だけじゃなくてね。

違う自分を発見するのって面白い。
先日、本当に着たいと思う洋服を選ぶという事にチャレンジしてみた。
今まではどちらかというと「まあ自分なりの最低ラインがあってそこそこ、色も無難、これで見映え悪くないよね、という他人目線と経済性と着心地重視」だったけど、意外にも本当に着たいのはこんなんだったんだー!へーと思った。
超カラフルなワンピース(大体スカートなんて年1ー2回)にオレンジ色のコート、バッグはまるで油絵のような柄。
すごいお気に入りだ。
image
色んな出会いがあって、変わっていく部分と、もちろん変わらない部分も沢山あって、私らしさをずっと探して行くんだろうな。楽しいなぁ。ってまるで中学生みたいなオバさんだ、言い換えれば育ちがいがあるよね。まあそれもいいか。

感謝と涙と嗚咽

泣きながらぐちゃぐちゃ書いてるので、読みたくない方はスルーしてください、
自分にとってのここがターニングポイントだと思うので、その一歩を自分に刻むために書いています。


昨日はわっぽー踏江さんのチャネラー養成講座アドバンスクラスがあった。
参加していて、楽しくて、気持ちが緩み、人のことが面白いと思える、明らかにいままでとは違う私がいた。
チャネリングメッセージを聞きながら、踏江さんのどデカイ愛を感じ、わっぽーのみんなのあったかい気持ちに触れ
ここにいられることが本当に嬉しかった。感謝の気持ちは全然伝えきれていなくてごめんなさい、が正直な気持ち。嫌な事を直球で指摘され、拒否していじけてるのに、鼻っ柱は強いから弱みを見せられず奢って攻撃する。そんな七面倒くさい事をよくやってた、素直にそこを認めればいいだけなのに。嫌な事、本当の事を言ってくれる事は、どれだけの愛か。果たしてそれ、私出来てるだろうか?人って常に未熟な生き物なんだとつくづく思う。

昨日は講座のあと行った小料理屋さんの粋なママにも癒された。
出てくる家庭料理の美味しい事!メニュー表が無く、次から次へとお料理が出てくる、
サラダ、煮物、スープ、焼き物、揚げ物、さしみ、ツマミにフルーツ地場産野菜ばかりの優しい味!
超うまい、で申し訳ないぐらいありえなく安い。ついここんちの財布どうなってんだろう?と思ってしまった。
ママは人に与える事がホントによろこびで、淡々と楽しんでそれをいきてる。なんてチャーミングな方だろう!素敵だ💕

で、今朝起き抜けに涙が溢れてきた。それが嗚咽になり泣きじゃくりながら
お風呂に入ろう!と思いなぜか赤ワインをバスタブに一本入れた、冷蔵庫で飲めなくて邪魔になってたやつ。
お疲れ様‼️私。
薬局をはじめて丁度四年、当たり前にいろんな事があった。その都度いろんな人に助けられ、ドタバタと乗り越えてきたなぁ〜〜。そういえば泣いた事なかった。あらゆる感情を飲み込むのが当たり前になっていき、顔は能面になっていく。どんどん冷酷非情になれてしまう自分が嫌だった。犠牲にするものも多い、家庭や家事、もはや家庭人としては全く機能していない。ごめんね、ありがとうが言えなくて申し訳ない。でも言えない素直じゃなくてかわいくない女。遠く離れた両親にも会えに行けてない、これから訪れる親の死にどう向き合うのか。。東京と名古屋にいる娘と息子にももっと会いたいしもっと応援してあげたい。迷惑だろうけど。夫にたまには美味しい手料理食べさせてあげたい。がなんと奥にあるのを見つけた。そんな気持ちに蓋をして見ないようにていた。ここから離れられない。それが心の重石だった。経営は順調なのに苦しかった。近くで開催される学会にも顔を出す気力がなく、ずーっと籠っている感じ。四年間巣作りしてたんだねーと今は思える。

ここんとこ、無性に外に出たくなって、毎週のように学会や学習会に行く気にやっとなれた、あーよかった。

そして、プライベートな理由で会社を休む気にもなれた‼️任せるって事がやっとできるようになったんだなー。。嬉しい😃

なんかここターニングポイントなんだ私にとって。
よかったなー。、みんなありがとう(T ^ T)
これからフェニックス羽ばたくよ!みんな羽に乗せて。舵取りは私。よろしく‼️
支離滅裂な文章ですみませんでした(笑)