近ごろ思うこと

地球が断末魔の叫び声を上げているのと同じく、人の魂も今ここに生まれてくる事を選び、何をしたいのか思い出せよ、と叫び声を上げているのでしょう。
先日スピリチャルカウンセリングをしていて、
「今世、それ(その課題)に気づいているのに手を下さずに蓋をするなら魂の消滅もあるかもしれませんよ」という自分の言葉に言ってから驚きました。そして、そうか。と内側に入れました。
魂の消滅ということは、生きた証しどころか魂の歴史全てが無に帰する、ブラックホールに飲み込まれるということかもしれません。なにも無くなるのです。
そこまで突きつけられている、今の時代に生きるものは皆そうなのだと思います。崖っぷちなんて当たり前なのでしょう。
自分の魂の望むところを無視して生きるのは、最も生きづらい、ひっかかりや足を引っ張られることが多い道をあえて選ぶということなのでしょう。
自分の内側に問い続け、その望みを生きることが魂の望むところであり、宇宙の望むところなのだと思います。
今この瞬間、本当の望みを生きる、をし続けていく、と改めて覚悟しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください