やっと会えたデュシャンの大ガラス

デュシャンの大ガラスに三年越しでやっと会えた

image

正式な日本語のタイトルは「彼女の独身者に裸にされた花嫁、さえも」通称大ガラス

三度行こうとして、時間がない、休館日だった、受験シーズンで東大のキャンパスに入れない、でフラれ続け

今回やっと行けた東大駒場博物館、娘と二人でたどり着き、私はすんごいドキドキしながら大ガラス東京バージョンの前に立った。

世界に四つある中の一つが常設展示されている。

2008年にデュシャンが誰だか知らない時に受け取ったチャネリングメッセージは

厭世的な生き方から、なにかを掴み取り、自分のものにしていったという一つの強さでもある。一見冷徹で、平静を装っているが、その内部には赤々と燃えたぎる火が灯っている。そんな人物だ。世の中には彼の真の意図するところは理解されなかった、いや、彼は理解してほしい、などとは思っていなかった。ただ、自己の欲するままに表現をし、現象の世界だけで捉えられるもの以外に価値を見いだしていた。四次元は彼にとっては、宝と、そしてがらくたの宝庫だった。そのなかで、自らの芸術性をもって、ものごとをより分けていた。しかし、ここからここまでが作品だ、などという考え方はしておらず、物事の成り立ち、歴史、成り行きや朽ち果てる過程までもが、彼の表現をささえており、時空を超えた立地点にいた。

わっぽーの踏江先生が大ファンだったというデュシャン。 この作品を目の前にした感想は、思ったより大きく綺麗(ひび割れが無いから?)。立体感がある。

衝撃という感じじゃなかったけど確かに脳がシビレる。頭頂のチャクラを横に広げるようにロート状のエネルギーがズドンと入って来てグラウンディングした感じ。

作品の解説を読んでも全く理解できないが、去り難い。アートというより何かの装置のような気がした。

聞こえたのは 「歪曲の矯正」
(その後家に帰ってから聞こえたのは「観念変換装置」)ん〜わかる気がする。
三年振られたのはわかるまでの準備だったのかも…

その後美術館に行こうという事になり、国立新美術館でオキーフやホッパーなどのフィリップスコレクション-モダンアート、アメリカンを見た。

デュシャンを見た後だったからかへー、とかふーん、綺麗!て

    言う感じ。 「デュシャンのほうが面白いね」とは娘の感じかた。 私もそう思った。
以前通った乃木坂も変わったな~!

叔母バカの妹も一緒に新三郷で初IKEA。 妹は娘に会うとなんでも買ってくれてしまう叔母さんになってしまう。 北欧から来たIKEAの家具やグッズはsimple&neat!そして安い。

お仕事にも使えそう、広ーいフロアを1ラウンド。

全くよく歩いた。デトックスにエルダーフラワー(ニワトコ)とリンゴンベリー(こけもも)のジュースを飲み家路に着く。

足は棒だけどタフかも?バッチフラワーレメディーのRecovery Remedy Plus Emergency Sprayはどうしょうもなく疲れたら効きますよ、休憩のが大事だけど。。

バッチフラワーレメディーを国内で買うよりずっと安く買えるサイト

http://www.bachfloweressences.co.uk/送料入れてもかなりお得です。